工藤 浩志(くどう ひろし)

おもてなしマーケティング

お客さま視点で考えること、その根底にあるものは「思いやりの心」であり、それは取りも直さず「おもてなしの心」と言えます。 さまざまなメディアでお客さまと接点を持つことができるようになった現代、しっかり「おもてなし」ができているのでしょうか。本ブログでは、顧客視点のマーケティングを和の精神「おもてなし」の観点から原理や原則、ポイントやコツをとらえていけたらと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着エントリー

 日本にはとても大事にしたい言葉があります。それは「おもてなし」、相手や物を思いやり、慈しむ(いつくしむ)心です。  「マーケティング」と「おもてなし」、一見なんら関係がないように思われる方... (2012年10月10日)

Loading

「マーケター通信」購読一覧