ニュース
» 2012年12月16日 更新

“女子大生”の目線から!ソーシャルメディアを読み解く 女子大生1年目!!! 松本彩友子です。


なんとも大それたタイトルで、記念すべき1本目を飾ろうと思います。


みなさま、はじめまして! 九州は長崎県出身の松本彩友子と申します。
現在、東京都内の大学で1年生をやっております
19歳です。選挙権だってまだありません......。



では、そんな私に今回なぜ、このようなお声がかかったのか?



それは今年の6月下旬に参加したジャーナリズムの勉強会で
ITmedia マーケティング編集部の方とお知り合いになり、
また私が現在所属している団体で広報をやっているということでお話をいただいたという次第です。
まだまだ未熟者な私にこのような機会を与えて下さり、本当にありがたいかぎりです。




さて、私がこれからこのコラムでお届けしたい情報は,
ズバリ若者目線で読み解くソーシャルメディアです。



メディアとは常に流動的なものであり、また若者の興味関心も同様に流動的です。

しかし、そんな流動的な中にも必ず一貫した理由があるのでは、と考えています。
人は常に"真新しいもの"を求めるものだと思われがちですが、
実は根底は全て同じ構造の上に成り立っているのです。


つまり、今流行とされているものと以前に流行とされていたものとの間には必ず同様の要因があり、
それを読み解くことができれば、
よりキャッチーな広告やその仕組みを作り上げることができるではないかと思うのです。
このコラムでは、その要因をさまざまな事象を例に挙げて考察していきます。



私はソーシャルメディアの運営会社で働いているわけではないため、学術的知識に関しては少々欠けてしまう部分もあるかもしれませんが、そこを逆手に取ってリアルな目線で身近な事柄について述べていければと考えております。

拙いところも多々ありますが、武者修行と思い、励まさせていただきます。
次回からは具体的な事例を挙げてコラムの執筆を開始いたします!



みなさま、これからお付き合いの程、どうぞよろしくお願いいたします!!



Q.E.D.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

松本彩友子

松本彩友子

長崎県出身。1993年生まれで現在は都内大学に在学中。高校時に独学でメディアリテラシーを学び、現在は自らが所属する国際協力団体の広報を担当。また、主にネットメディアのあり方や意義について研究している。

“女子大生”の目線から!ソーシャルメディアを読み解くのバックナンバー

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • データ分析/効果測定
  • マーケティング戦略

「マーケター通信」購読一覧