ニュース
» 2014年11月12日 更新

コミュニケーションとマーケティングとオレとオマエと男と女と酒 世界高級ブランドを牛耳る3つの企業と、ブランディング戦略

ヴィトン、グッチ、カルティエ、ブルガリ、ラルフローレン......

名前だけで百貨店の1Fのような高級な匂いが漂ってきそうですが、実はこれら世界の有名ブランドは、概ね3つのグループに分かれていることはご存知でしょうか。

LVMH、リシュモン、ケリング(旧PPR)がそれで、ブランドを束ねる親会社となります。

圧倒的な知名度のブランドたちに比べ、馴染みのないこの3社。
元々は不動産、タバコ、木材取引会社から始まったというこの謎の集団は、一体何者なのでしょう。

今回はちょっとデジタルからは離れますが、ブランディングという観点から、世界を牛耳るこの3つの企業をご紹介します。


3大メジャーとは


改めて、この3社にどんなブランドが含まれているかというと、

LVMH

    - ルイ・ヴィトン
    - クリスチャンディオール
    - フェンディ
    - セリーヌ
    - ジバンシィ
    - ロエベ

リシュモン

    - カルティエ
    - クロエ
    - ラルフローレン
    - コンスタンタン
    - ピアジェ

ケリング

    - グッチ
    - イヴ・サンローラン
    - バレンシアガ
    - ボッテガ・ヴェネタ



と、誰もが知るものばかり。
あれとあれは同じグループだったんだ! というのも多いのではないでしょうか。

そしてこの3社に共通しているのは、いずれも若い会社だという点。
傘下のブランドは100年を超す長い歴史があるにもかかわらず、3社はせいぜい20~30年程度です。なぜこれら若い会社が有名ブランドを買収できたのでしょうか。

ブランドとは、多くの場合でデザイナー個人が立ち上げるものです。その証拠に、ほぼすべてに創設者の名前が刻まれています。

そしてデザイナーとはやはり芸術家であるので、必ずしもビジネスの手腕が優れているとは限りません。自分の表現を追求しすぎた挙句、人気が凋落してしまうのはよくある話です。
また、絶大な才能を持った創業者が亡くなった場合にも、同じくブランドの価値が落ちてしまいます。

実際、この3大メジャー傘下にあるブランドは一度経営難に陥ってしまったものも多く、そこに目をつけたのが彼らなのです。


「ブランディング」のプロフェッショナル


そして、この3大メジャーはその「落ちたブランド」の多くを見事に復活させています。

ファッションブランドにとって、「名前」は魂のようなもの。
例えば「カルティエ」という名前がどれだけ高級感を保てるか、世界中の人が等しく憧憬の念を抱けるかは、ブランディング戦略の強烈なプロフェッショナルがいなければ実現できません。

製品の欠陥、はたまた従業員の不祥事などがあれば、長年築き上げてきたブランドにも簡単に傷がついてしまいます。
それらすべてに目を光らせ、「ブランドの名前」という目に見えない価値を維持する仕事は、とても高い能力が必要とされるのです。

これは、Appleが、一見まったく異業種であるイヴ・サンローランやバーバーリーから要職を引き抜いていることからもわかります。
  Apple、リテール責任者にBurberryの現CEOを指名
  Apple Hires Yves St Laurent CEO for Special Projects

3大メジャーには、そのブランディング戦略に長けた人材が豊富に揃っているのでしょう。


シャネル、エルメス、プラダ


一方で、この3大勢力に入っていない有名ブランドといえば、シャネル、エルメス、プラダでしょう。
これらはそれぞれブランド名と同じ企業体を維持しており、デザイン的センスだけでなく、経営手腕でも高い能力を持っていることが窺えます。

そして、LVMHがエルメスの買収を諦めたのが、つい先日のこと。
  仏LVMHのエルメス買収消滅、株買い増し問題で和解


LVMHを代表するブランドといえば、ルイ・ヴィトン。
もちろん双方大変な高級ブランドですが、ヴィトンとエルメスではやはりエルメスの方が1つ格が上、というイメージがないでしょうか。

これはLVMHも認めており、ライバルであり、ある意味羨望をもって見つめていた相手エルメスを、彼らは何年もかけて虎視眈々と狙っていました。
「ヴィトンがエルメスを喰うか」と言われた泥沼の戦いにも、一旦の決着が着いたのです。



いかがでしたでしょうか。
「高級である」のは当たり前のことではなく、日々の努力と優れたブランド戦略の賜物なのですね。

背景を知り、今後のお買い物の参考にしてくださればと思います。



女性の前でウンチクとして垂れ流すのもまたよしですね。
ウザがられると思いますが。

---
筆者:渡邊徹則

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

渡邊徹則

渡邊徹則

株式会社Version7代表取締役。Web・コンテンツ制作、分析、マーケティングなどを手掛ける。 執筆業では、主にソーシャル、EC、海外サービス、メディアなどが専門。Twitter / Facebook @brigate7

「マーケター通信」購読一覧