ニュース
» 2015年7月 9日 更新

価値観経営の時代。ソーシャルメディアが変えるマーケティング 動画集客のエキスパート「マークアツシ」さんに会ってきました。

ワンハンド動画ラボというサイトを主宰していらっしゃるマークアツシさんのセミナーへ参加させていただいたのでそのレポート。

DSC_0791.jpg

※この記事は、自ら参加したセミナーについての感想記事であり、金銭の授受等の伴う広告ではありません。

実はこのサイトやフェイスブックページは以前から知っていてどなたがどんな風に運営しているのだろうかと気になっていたのだが、知人の社長さんにご紹介いただいて今回実際に参加することができた。

セミナーはスマホで動画作成をするテクニック的なものは実をいうとおまけみたいなもので、そもそも集客をどのようにすべきかという点が核心であり、彼が持つ本当のスキルへもつながっていく流れになっているのだが、まずは入口として、動画を活用できるようになりたいというところで多くのセミナー参加者を惹きつけている。

2008年ごろから、毎年の風物詩のように「今年は動画がクル!」と各方面から聞こえてきたが実際にビジネスに使えている人はほんのわずか。でもこれだけ動画が来る!と言われているのだから、中小企業を中心に動画活用の意欲は相当高いはずだ。だからまずそもそも「動画」というジャンルを主戦場に選んだことが一つ目のポイントなのだと思う。

マークさんは顔出しNGでセミナーでしかその「ご尊顔」を拝見することはできないのだが、それもセミナー参加の意欲を増す要因なのかもしれない。

彼はまさに爽やかなイケメン好青年で、特に女性にはおすすめのセミナーである(^^;
動機なんて不純な方が後で成功する確率は高いのだから、そんな理由でも良いのではないだろうか。

セミナーでは

1.なぜ動画なのか
2.どんな動画が受けるのか
3.動画を自身のビジネスにどうつなげていけば良いのか
4.集客につながる動画のシナリオ企画の作り方(秘密のテンプレート付)
5.実際にスマホで動画を編集する練習

と盛りだくさんの内容で、10時~5時の長時間セミナーにもかかわらず飽きさせない構成で楽しいひと時を過ごすことができた。
どんな動画を、どのような仕組みの中で活用し、そしてどのようにその動画を量産していくか。

一通りの仕組みが学べるこのセミナーはセミナー費用以上の価値があることをお約束できる内容である。

もちろん、CM作成など、ナショナルブランドとしてコストをかける場合はCM制作のプロがいてコストも数千万円かけることができるのかもしれないが、中小企業や個人事業主にとって動画を活用するというのは、そんなきれいでお金をかけた動画を1本気合いを入れて作ることではない。 いかに自分の思いを動画というフォーマットで配信し続けられるかにかかっている。そんな時にこのセミナーで学んだ内容は大いに役立つだろうし、その後もっと集客の仕組みを構築したいという場合も彼に頼れば実績も十分で間違いない。

何か打開策が無いかと悩んでいる経営者の方は、彼のセミナーへぜひ一度参加してみてはいかがだろうか。
きっと何らかの答えが見つかるに違いない。

セミナーは以下のページで受け付けている。

http://funtre.com/?page_id=77

スマホ動画を1日でマスター!ワンハンド動画づくりセミナー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

石田陽之

石田陽之

株式会社サイバーブリッジ代表取締役、中小企業のSNS活用&リスク管理、海外企業の日本マーケティングコンサルタント。

「マーケター通信」購読一覧