ニュース
» 2018年4月27日 更新

ITmedia マーケティング editor's note Nike ロン・ファリス氏が語る「マーケティングの未来」他、2018年4月の人気記事

0531e4239e6bebe8e8545c10fdcddc507f75109c.jpg

 4月最後の平日ですね。明日から連休という方も多いのではないでしょうか。暦通りの勤務であれば、中日を休むと9連休となる2018年のゴールデンウイーク。海外に行くか、国内旅行もいいな、家で延々映画三昧も良い......夢が広がります。妄想は膨らめど、現実はそう甘くもない。特に予定のない私は普段通り子供と近所の公園に行って終わりそうです。

 ゆっくり過ごす予定の方も、そうでない方もこの機に4月を振り返ってみてはいかがでしょう。それでは4月の「ITmedia マーケティング」アクセスランキングTOP10をご紹介します。

1.Nike ロン・ファリス氏が語る「マーケティングの未来」とは?

2.訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか

3.5年後の日本を指し示す「ITロードマップ」とは?――野村総合研究所

4.KDDIのB2Bコンテンツマーケティング――"auの会社"のイメージを超えて未来の顧客とつながる

5.楽天がO2Oの取り組みを本格展開、「RMP-Go!Spot」の他社にない2つの強みとは?

6.10代はAmazonで20代はZOZOTOWN、全体では楽天――EC利用者の傾向をジャストシステムが調査

7.「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」 企業アカウントがフォローされるのは?――アイレップ調査

8.メイドインジャパン製品が好き過ぎるアジアの都市は?――トランスコスモス調査

9.経営層が全社のデータにアクセスできると何が変わるか、米小売業大手Targetに学ぶ

10.データリテラシーへの自信、日本のビジネスパーソンは最下位――Qlik Technologies調査

 第1位は、13日に公開されたNike ニューヨーク・デジタル・スタジオ「S23NYC」のジェネラルマネージャー ロン・ファリス氏へのインタビュー記事でした。2018年3月に日本にも上陸した異色のECアプリ「Nike SNKRS アプリ」における取り組みを中心に、デジタル体験を通したコミュニティー形成のポイントを伝えています。「コミュニティーが強くなれば売り上げは付いてくる」という同氏。ファンの心をくすぐり、愛されるためにはどうすればよいか。Nike流インフルエンサーマーケティングの考え方をどうぞご覧ください。

 第2位は、20日に公開されたイーウィルジャパンCEOで浅草観光連盟事務局長も務める飯島邦夫さんの連載「浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営」の最終回でした。浅草の情報を集め、世界に発信する「365ASAKUSA」の運営に携わる著者が、外国からのアクセスが増えるイベント「隅田川とうろう流し」を例に訪日客への情報提供方法について紹介しています。中でも印象的だったのは、とうろう流しの運営に携わることができたことを喜んだ外国人ボランティアの方々が、自発的にSNSで情報発信をしてくれたことで、今まで情報が届かなかった人たちにまで情報が届くようになった──というエピソード。これもある意味、イベントやコミュニティーを愛してもらえた結果なのではないでしょうか。

 第3位は、3日に公開された、野村総合研究所の技術予測「ITロードマップ 2018年版」から今後5年の重要技術トレンドを紹介した記事です。同社は重要技術トレンドとして、「ユビキタスAI」や「データサイエンスの民主化」など5つのトピックを挙げています。マーケティングの現場にも浸透しつつあるもの、今後とりいれられていく可能性が高いものが紹介されていますので、皆さま是非ご一読ください。

 それ以外では、KDDIのB2Bマーケティングの話題や楽天のO2Oの取り組み、徐々に人気を集めつつある連載「今日のリサーチ」で紹介した調査関連の記事に人気が集まりました。5月も引き続き、皆さまに楽しんでいただけるよう鋭意取り組んでまいります! ひきつづき、どうぞお楽しみに。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

ITmedia マーケティング編集部

ITmedia マーケティング編集部

編集部の中の人

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定
  • マーケティング戦略

「マーケター通信」購読一覧