ニュース
» 2018年5月18日 更新

ITmedia マーケティング editor's note 浅草観光連盟のデジタルインバウンドPR術

ca7c384516924694b72ce43ed835158e3fc58ed8.jpg 出典:浅草観光連盟(写真は2017年に撮影したもの)

 東京・浅草で、今年も三社祭が始まりました。

 いつ訪れても訪日外国人の姿が多い浅草。人気の観光施設や行事があることから、人が集まるのは当たり前と思う方もいるかもしれません。しかし、歴史を振り返れば浅草は何度も衰退を経験しており、今日の賑わいや海外からの人気は決して「当たり前」というわけではありません。今日の浅草の人気は、この地を盛り立てようとする地域の人々の努力に支えられている部分も小さくないのです。とりわけ昨今重要性を増しているのが、Webサイトやモバイルアプリ、SNSを通じたデジタル広報活動です。

 ボランティアで支えられる小さなチームが浅草の魅力をどう発信しているのか。人気連載で振り返ってみましょう。

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは

Facebook、Twitter、YouTube メディアの特性を知って浅草の魅力を伝え分ける

訪日外国人観光客に雷おこしを売るには? 浅草で消費を促すための「あの手この手」

凌雲閣の遺構発見に沸く浅草、人と人を小さなメディアがつなぐ

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか

※ITmedia マーケティング編集部が発行している無料のメールマガジン「ITmedia マーケティング通信」(購読申し込みはこちら)では毎週木曜日、マーケ×IT領域の気になるテーマを取り上げ、関連記事を紹介しています。本エントリーは、vol.375(2018年5月10日配信)の内容を一部抜粋し、再編集したものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

ITmedia マーケティング編集部

ITmedia マーケティング編集部

編集部の中の人

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定
  • マーケティング戦略

「マーケター通信」購読一覧