ニュース
» 2015年2月 5日 更新

おじいちゃんが頑張るWebマーケティング スパムメールを簡単に防ぎ、ユーザーに使いやすいCMS

スパムメールで困っているホームページのお問い合わせフォーム

多くの会社ホームページには、お問い合わせフォームが設置されている。スパマーにお問い合わせメールアドレスを取られないために設置しているフォームであるがスパムメールがお問い合わせフォームから届く。これを何とか出来ないかと言うことでグーグルがreCAPTCHAというサービスを提供したが、判別が一般ユーザーにとって難しいため敬遠されている。

No CAPTCHA reCAPTCHA

そこでグーグルは、現在のreCAPTCHAを改善してバージョン2.0のNo CAPTCHA reCAPTCHAをリリースしている。この機能は、まだ、新しいので広まっていない。CMSにも機能として導入されていないかもしれない。詳しくは、下記の動画を見て頂ければその機能がよく分かるだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=jwslDn3ImM0

Joomla CMS version 3.4ではNo CAPTCHA reCAPTCHA機能が使える!

2月17日に最新正式バージョンJoomla 3.4がリリースされる予定である。現在は、Beta-2の段階でテスト段階にある。

Joomla 3.4 Release Timeline

Joomla CMSの良さは、複数人で役割分担をしながらサイト運営が出来る多言語ポータルシステムである。ページ作成者とサイト運営者は、ログインする場所が違う。使える機能も違う。システム管理画面は、サイト運営者だけに限定される。ページ作成者は、表サイトを見ながらログインしてページ作成だけを行う環境になる。

多くの外部ライターを抱えてビジネスサイトを運営するならば、Joomlaは最適なCMSである。オープンソースのCMSであるが、ラーニングカーブがきついため習得に時間がかかる。サイト運営だけに専念したいユーザーは、Joomlaサイト構築専門の業者にサイト構築とシステム保守を依頼した方が良いだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

吉田憲人

吉田憲人

Sony、Yahoo!JAPANでの会社員生活を終えて51歳でCMSサイト構築サービス会社を起こした。

カテゴリ

  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧