ニュース
» 2015年3月10日 更新

おじいちゃんが頑張るWebマーケティング ページを作るよりもコンテンツを作るに集中!それが出来る仕組みがある!

コンテンツで勝負する


ホームページの面倒な事は、ページ作成の作業である。本来ならば、ページ作成を意識しないでターゲット客層に伝えたいコンテンツに集中すべきである。

でも、

多くのユーザーは、ページ作成に時間を取られている。これからのホームページはコンテンツを作り込む事に時間が取られるべきだろう。ターゲット客層の訪問客が「これは役に立つ有益な情報だ!」と感じるコンテンツである。


有益なコンテンツをページに落とし込む上で便利な仕組み


ホームページシステムがページレイアウトやデザインを気にせずに自動的に体裁を作ってくれる。ユーザーは、コンテンツだけに集中できる仕組みである。

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の中でもJoomla(ジュームラ)CMSは、ロングテールSEO(色々なキーワードでヒットさせる)に適していて一般ユーザー向けになっている。

システム操作だけでコンテンツページのレイアウトを簡単に変更できるので特別なHPの知識はいらない。CMSは、ホームページの専門家でない一般ユーザーが専門家以上のページ作成が出来る仕組みを提供する。

Joomlaは、ページ単位でサイト制作をする仕組みではないので一度メニュー構造を作ってしまえば、後はコンテンツページをどんどん作っていける。

Google検索で重要視されるのは、探している情報があるページとサイト、そして、それがモバイル端末(スマートフォンなど)で快適に閲覧できる事である。コンテンツと快適な閲覧環境である。

残念ながら、ウエブデザインの善し悪しやサイトの印象では無いのである。

きれいなホームページにお金と時間を投資するならば、それ以上の投資をコンテンツとモバイルフレンドリーにすべき時代である。

Googleは、4月21日以降にホームページをモバイル端末で検索する時にあなたのサイトがモバイルフレンドリーのサイトであるかどうかを検索順位を決める要素に反映させるという。

これからあなたが情報発信をホームページで行う時は、

1.コンテンツの質
2.モバイルフレンドリー
3.デザインやウエブレイアウトにこだわらない

この3つが重要になる。最新バージョンのJoomlaは、上記の要素を達成しやすい仕組みを提供している。

定年退職後に何をして生計を立てれば良いかで迷っているシニアは、自分たちの強みを生かす長年のビジネス経験と体験に裏付けられた知識を価値あるコンテンツとしてマネタイズしてはどうだろうか。

Joomlaのホームページシステムが出来上がっていれば、コンテンツ作りに集中できる。ページ作成やデザインは全てJoomlaが自動でやってくれる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

吉田憲人

吉田憲人

Sony、Yahoo!JAPANでの会社員生活を終えて51歳でCMSサイト構築サービス会社を起こした。

カテゴリ

  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧