ニュース
» 2013年1月22日 更新

広報担当者のわくわくする毎日 「二分の一成人式」って知っていますか?

みなさん、「二分の一成人式」って知っていますか?
言葉通りで「成人(20歳)」の「二分の一」=「10歳」を祝うことを「二分の一成人式」と
言います。長女の学校で、学校公開の日に親子で一緒に二分の一成人式を開催し、
子供の成長をみんなで実感、お祝いしましょうという企画があり、私もつい最近知りました。
(少なくとも私が10歳のときはそのようなものはなかったはず・・・・)

この「二分の一成人式」とは、一体誰の思いつきなのでしょうか?
「20歳」を迎えて「成人」となり選挙権を獲得できる、お酒が
飲めるようになる、などその年を迎えることで大きな変化があるのと同様の意味や意義が、
「10歳」という年齢にも、10代になった、10がきりのよい数字であること以外にあるのでしょうか?
気になったのでちょっと調べてみると、子供の心身の成長/発達において「10歳」というのは
ひとつの区切りであるという説があるようで、「10歳の壁」とも表現されています。
10歳までに習得したことがその後の成長や発達に大きく影響するとも言われ、また10歳ころから
思春期に入る子もいるようです。「こどもの『10歳の壁』とは何か?」という書籍もでています。
同書籍には学力面や運動能力面、精神面などにおいても10歳はひとつの区切りであり、
また10歳をきっかけに起こる変化にポジティブに向き合うことで
その後の成長の礎としていくためのヒント書かれています。というわけで
「10歳」をきっかけに子供が生まれてからの10年間を振り返り、今後子供と
どのように向き合ってその成長を支援していくのか、を考えるよい機会なのかもしれませんね。
あくまでも私の個人的な見解で、そもそもこのような意味で「二分の一成人式」が始まったのかは不明ですが・・・・

広報やマーケティングをしていると、様々な会合、イベントやキャンペーンを企画することが
あります。その場合、なぜその時期なのか、なぜその会場/場所なのか、なぜそのスピーカー
なのか、などなど、いろいろなことに意味、理由や背景を意識すると、そのイベントの価値を
訴求しやすくなるし、コンテンツにも一貫性がでるし、関係者との意識共有がしやすくなり
ますよね。「予算/日程があうのがここだけだった」とか「○○さんの指示で」で終わらせずに
自分なりにその意味や理由に思考をめぐらせてみてください。そうするとお仕事にも
「わくわく感」、「充足感」が増してきて、楽しくなりますよ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

日本オラクル株式会社 広報室 石川純子

日本オラクル株式会社 広報室 石川純子

2001年に日本オラクルに入社してから10年以上、IT業界の広報として経験を積んできました。現在はオラクルの業務アプリケーションやビジネスインテリジェンスなどの製品の広報活動に加え、今年オラクルが注力している分野であるカスタマーエクスペリエンスやクラウド、日本オラクルの特長的な人事制度や社員犬キャンディなども担当しています。オラクルという会社、製品やサービスを正しく理解してもらうために切磋琢磨する日々を送っています。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧