ニュース
» 2014年5月20日 更新

広報担当者のわくわくする毎日 豊臣秀吉は、コミュニケーション戦略を巧みに活用した武将だった。

特に歴史に興味があるというわけではないのですが、ふと目に止まったのでこんな本「本能寺の変 431年目の真実」を読んでみました。
著者の明智憲三郎さんは、明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸のご子孫、とのこと。
信長への忠誠心が強かったとされる明智光秀が、信長に対して謀反を図った「本能寺の変」は、小学校の社会でも出てくる広く一般に知られている歴史的事件。
この本は、その事件の謎を明智憲三郎氏の歴史捜査によって解き明かしていく、というものです。全容に興味のある方はぜひ読んでみてください。私がお伝えしたいのは謎解きと真実への感想ではなく、この本の中で紹介されている豊臣秀吉のマーケティグ・コミュニケーション的アプローチです。

現在広く伝わっている「本能寺の変」は、明智光秀が信長に対して強い怨恨の念を抱き、その復習として実行されたいう説が広く伝わっています。(現時点でも謎は多く、定説といえるものは確立されていない:参考Wikipedia 「本能寺の変」 )ところが、「本能寺の変 431年目の真実」では、実際のところ信長への怨恨の根拠はなく、この文脈は秀吉により創作されたものではないか、と書かれています。理由としては、「天下統一」を成し遂げるために、信長の冷徹な印象を広く世の中に植え付け、リーダーとしては自分のほうがふさわしいというような世論を醸成して自分にとって有利な状況を作り上げるため、だと考えられます。現在のマーケティング・コミュニケーション領域における「ブランドイメージの確立」といったところでしょうか。

当然今みたいに報道機関やメディアなどないわけですから、秀吉はどうやってこのマーケティング・コミュニケーション活動を実行したのか?「本能寺の変 431年目の真実」によれば、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に御伽衆(おけさ)として召し使えていた優れた文才の持ち主 大村由己という女性に、秀吉は自分に都合のよい、アピールしたい内容を「本能寺の変」報告書として「惟任退治記」という短い書物としてまとめさせた、と記載されています。つまり、自分にとって都合のよいストーリーを広く世に知らしめるために「独自メディア」を立ち上げたということですね。
さらに興味深いのは、その書物(独自メディア)を多くの人々に読んでもらうのを待つだけでなく、「大村由己に命じて親王や公家たちになんども読んで聞かせた」と書かれています。影響力のある有力者には直接語りかけて啓蒙活動を行うという、徹底ぶり。しかも自分が行うと直接的過ぎるとおもったのでしょうか、大村由己を活用したというところにも一捻りある気がします。このような働きかけは広報やマーケティング領域において迅速かつ効果的に情報を市場に浸透させたいときに用いられる「インフルエンサーを特定して彼らの伝搬力を活用する」という手法に似ています。でも、この手法は実際やろうと思うとなかなか難しいんですけどね。一歩間違えるとステルスマーケティングと思われかねません。また、世の中に広く伝えるために「ストーリー」にして展開したわけですから、マーケティング・コミュニケーション領域で数年前から話題となっている「ストーリー戦略」/「ストーリーテラー」などの手法も使っていたとも言えます。「天下統一」に向けては、実際の戦いで必要となる戦術や技術だけではなく、コミュニケーションによって人を動かすことも重要だ、と秀吉は思っていたのでしょうか?私たちの専門領域である「マーケティング・コミュニケーション」は、400年以上も昔の戦国時代からあったんですね。

念のため最後にお伝えしておきますが・・・・現在の広報活動においては、自分にとって都合のいいように事実を捻じ曲げて伝える事は決して許されないとおもっています。「Integrity」を保たなければ市場からの信頼を長期的に獲得することはできないでしょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

日本オラクル株式会社 広報室 石川純子

日本オラクル株式会社 広報室 石川純子

2001年に日本オラクルに入社してから10年以上、IT業界の広報として経験を積んできました。現在はオラクルの業務アプリケーションやビジネスインテリジェンスなどの製品の広報活動に加え、今年オラクルが注力している分野であるカスタマーエクスペリエンスやクラウド、日本オラクルの特長的な人事制度や社員犬キャンディなども担当しています。オラクルという会社、製品やサービスを正しく理解してもらうために切磋琢磨する日々を送っています。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧