ニュース
» 2013年1月12日 更新

元・百貨店マーケッターが見た【住宅業界】の明日 「日本経済再生に向けた緊急経済対策」注目ポイント

日本経済再生に向けた緊急経済対策

11日に発表された緊急経済対策のなかで、住宅に関連する経済対策も記載
されています。

2013.1.11
内閣府:説明資料「日本経済再生に向けた緊急経済対策」について

 http://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2013/0111_01siryo.pdf

内閣府:日本経済再生に向けた緊急経済対策(平成25年1月11日閣議決定)

 http://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2013/0111_01taisaku.pdf


ひとつは、木材利用ポイント。
【地域材を活用した住宅などの購入にポイントを付加。地域農林水産物との交換
等への取組み支援(農林水産省)】があります。

ただし、住まい手として木材利用ポイント以上に動機付けになるかもしれないの
が【住宅・建築物の省エネ改修等の促進(国土交通省)】と【スマートマンション
導入加速化推進事業(経済産業省)】があります。


競争入札参加資格をもつ読者のみなさまであれば、
【事前防災・減災のための国土強靱化の推進、災害への対応体制の強化等】に
記載されている『1.老朽化対策』『2.事前防災・減災対策』の各項目は
見逃せません。
もちろん、住宅の耐震改修促進、省エネ改修やバリアフリー化支援もありますが
災害対応体制強化は、もちろん住宅だけではありません。
すでに、各省庁(地方出先機関)・地方自治体の情報収集に向けて動き出して
いる事とは思います。


東日本大震災からの復興加速


今回の緊急経済対策の筆頭にあげられている【東日本大震災からの復興加速】に
ついては、財政支出16兆円程度のうち、来年度に必要な財源として13兆円程度を
措置しています。

そのなかでも、住宅再建支援1000億円については「宮城に3分の2超」を配分す
る見通しです。(1/11 谷 公一 復興副大臣が石巻市内で会見)
住宅再建支援1000億円は、集団移転の災害危険区域から外れた住民が住宅を
建てる場合、住宅ローンの利子補給などが受けられる仕組みですが、その配分
根拠として、被災地の支援対象は約4万1000戸、うち宮城県は最大で約3万3000戸
と見込まれます。
※予算は震災復興特別交付税として、県を通じて被災自治体に配分


3月の中小企業金融円滑化法の期限到来後の資金繰りに関する懸案については、
『中小企業金融円滑化法の期限到来後の検査・監督の方針は変わらない』という
談話が発表されており、緊急経済対策にも明記されています。
このような金融庁からの情報は、知ってると知っていないではかなり大きな違い
をもたらすことは、自分の経験からも明らかです。


     中小企業金融円滑化法の期限到来後の検査・監督の方針
      ~ 金融担当大臣談話(平成24年11月1日公表) ~


改正省エネ基準の施行、ならびに
住宅の旧基準併用経過措置期間の見直し



個人的に納得してしまった項目は、
『中小企業の交際費課税の特例の拡充〈税制〉(経済産業省・厚生労働省)』。
先日、ホテルオークラで開催された勉強会で直接お話を聞かせていただいたこと
が、そのまま盛り込まれました。
つまり、交際費を持てる読者のみなさまは、経済対策として積極的に夜の飲食店
に繰り出せということです。


いずれにせよ「日本経済再生に向けた緊急経済対策」をうけ、矢継ぎ早に新制度
創設や各種補助事業創設が始まるはずです。

あわせて、消費税増税の話題に隠れてあまり大きな話題にはなっておりませんが
改正省エネ基準の施行、ならびに住宅の旧基準併用経過措置期間が当初予定から
変わりそうなお話など、行政からの告知はいままで以上に注意深く確認しておく
必要があります。

各メディアでは当分の間、株価や為替動向が主な誌面を飾ると思いますが、専門
メディアで特集される行政動向や、行政から配信される各種情報(官報~県政・
市政だよりなど)は、毎日注意深く見ておくことに越したことはありません。

                           ネクスト・アイズ株式会社 早坂     http://www.nexteyes.co.jp/ 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

早坂 淳一

早坂 淳一

中立の立場で住宅全般に関する対応を承るネクスト・アイズ(株)にて【ブチョ~】と呼ばれる立場で《ハウスネットギャラリー》という注文住宅リフォームポータルサイトを運営しながら、《ハウスネットギャラリー》でわかったお客さまの興味/関心と、あちこちから直接、間接的に聞いてくる市場/行政/政治の動きを掛け合わせて、主に新しいことを立ち上げるような仕事をしてます。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧