ニュース
» 2013年8月24日 更新

元・百貨店マーケッターが見た【住宅業界】の明日 20代~30代が調べるときに重視する点(ブロガーサミット2013から)

■ 経過措置終了まであと1ヶ月ちょっと

消費税増税に至るまでの経過措置。
予定通り増税となると、残された時間はあとわずか。
住宅業界は9月末までの契約に向け、各社とも追い込みに入っています。
これから家を建てようという一次取得層(主に30代)も、9月までの契約を
することで、引き渡しが来年4月以降になっても消費税は5%のまま、という
点に着目。さほど吟味せずに安直に建築請負契約締結に向かって突き進んで
しまう方々が後をたちません。
  
ちょっと分かっている方だと、逆に急がず、慌てず、しっかり検討を重ねて
おりますが、この1ヶ月は買い手の情報リテラシー格差がいままで以上に
はっきり顕れます。
家を建てて家族が崩壊するようなことにならなければ良いのですが。。。

■ 無意識で情報を取捨選択する基準

さて、増税後は価格志向型の一次取得層は大幅に減って、団塊世代以上の
二次取得層が主なお客さまになる、ということは、かなり以前からいろいろな
方々がお話ししておりますが、8月24日(土)に参加したブロガーサミット2013
に登壇された方々からのお話しのなかで、20代~30代がネットで情報を収集
するとき無意識で情報を取捨選択する基準のヒントがいくつか出てきました。

住宅業界において、一次取得層の注文住宅取得は大幅に減る。
といっても、もともとの母数が大きいなか、突然ゼロになるわけではありません。

そのなかで、ブロガーサミット2013に登壇された、ネットの世界では著名な方々
によるセッションのなかでのお話しです。

いずれ、複数のIT系メディアで詳細記事や識者による見解が多数出てくること
かと思いますが、住宅業界に関連しそうな点だけ要約しています。
※コメントは複数のセッションをまたいでいますので、以下の内容を誰がいつ
  話したか? についてのツッコミはご遠慮願います。


以下、【 → 】は私個人の見解に基づく解説です。

 ■ twitterをはじめとするSNSとスマホをはじめとするモバイルの普及によって
   リアルタイムに反応が返ってくることに慣れている。
    → メールを送ったあと、すぐに何らかのアクションが返ってこないと、
     すぐに興味・関心を失ってしまうということです。

 ■ SNSとブログは相互補完関係を持つが、メーリングリストは読者からの
  反応が分からないことから、書き手のモチベーションが続かない。
   → ある意味あたりまえのことですね。
     自分が一方的に話していても、相手が聞いてくれないと思ったとたん
     話す気力を失ってしまうことと同じです。

 ■ カテゴリー選別などの【興味のあるところでつないでいく】のは効果的。
   → 弊社《ハウスネットギャラリー》におけるテーマ別事例などで編集
      された分類でないと見てくれないことと同じです。
     《ハウスネットギャラリー 注文住宅》
        http://www.hng.ne.jp/

 ■ 自分が書きたいときに書きたいことを自分なりに書かないと、ブログ更新
   は続けられない。つまり、ブログは《何を書いても良い》。
   しかし、更新を続けていても効果があらわれるまで、数年単位での時間
   が必要。
   → これもあたりまえ。仕事の記事だけでは自分が疲れるし、趣味の話も
     強いこだわりやウンチクがないと、記事は書けません。

 ■ オンラインメディアこそ、リアルでの営業が必要。またネットがきっかけ
   でもリアルでのつながりがあると、仕事につながっていく。
   → 自分がいくら良い記事を書いたと思っていても、そもそもその記事を
     検索で見つけてもらえないことには読んでもらえません。
     探し出してもらうためには、やはり直接会って人間関係をつくること
     から始まります。

 ■ ブログだけでは食えない。
   → これもあたりまえのことですね(笑)。

 ■ モバイル(スマホやタブレット)での利用は、すでに半数以上。
   現時点では閲覧が大半だけど、いずれPCでのブログ記事作成からスマホ
   などでの記事作成が多くなるのでは、と予測。
    → スマホの画面で検索して目的のコンテンツを探すことは、ことのほか
     疲れます。でも、一次取得層はPCで探すよりスマホで探すことに
     慣れています。ケータイ小説の隆盛をみても、スマホで長文入力する
     ことは苦ではありません。

■ 消費体験がない商材の場合は?

つまり、これからの一次取得層は、もともと家の買い方・建て方を知らないなか
新聞やテレビ、雑誌などのメディアではなくスマホの画面と展示場で家づくりの
検討を進めます。
予算・身の丈にあった家づくりをしようにも、地方ではあたりまえの土地探し
からの対応、住宅ローンの借り方をはじめ、建て替えかリフォームか、はたまた
中古住宅を買って自分で直すか。
いろいろな買い方・建て方をすぐに探すことができて、かつ、わかりやすく伝え
ないと、注文住宅を建てたい、というモチベーションは一気に薄れてしまいます。


アルファブロガーに代表される、情報感度が高い方々の消費に対する考え方は、
もっと地道な消費行動か、はたまたメルマガなどでよく謳われているようなバブル
並みの派手な消費なのか?
正直掴みきれないところがありましたが、実際にお話しをお聞きしてみた範囲では
想像を遙かに越えておりました。
このような機会を与えてくださったアジャイルメディア・ネットワークの徳力社長、
ほんとうにありがとうございました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

早坂 淳一

早坂 淳一

中立の立場で住宅全般に関する対応を承るネクスト・アイズ(株)にて【ブチョ~】と呼ばれる立場で《ハウスネットギャラリー》という注文住宅リフォームポータルサイトを運営しながら、《ハウスネットギャラリー》でわかったお客さまの興味/関心と、あちこちから直接、間接的に聞いてくる市場/行政/政治の動きを掛け合わせて、主に新しいことを立ち上げるような仕事をしてます。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧