ニュース
» 2012年10月19日 更新

明日から使いたくなる!! マーケティング戦略 マーケティング戦略『売上を上げる5つの方法』

売上を上げる方法はたったの5つしかありません。

この5つに関係しない仕事は売上に関係のないとなります。無駄な仕事だということです。

まずは5つ"しか"ない。ということを証明します。

売上を構成する要素を分解します。

売上 = (A)客数 × (B)購入金額

です。(A)の客数を分解します。

客数 = ( 既存客 + ①新規客 - ②流出客 )

次に(B)の購入金額を分解します。

購入金額 = ③単価 × ④商品数 × ⑤来店頻度

となります。上の3つの式を統合すると、

売上 = ( 既存客 + ①新規客 - ②流出客 ) × ③単価 × ④商品数 × ⑤購入回数

となり、売上を上げる5つが導き出されます。

売上を上げる5つの方法とは、

① 新規客を増加する 

② 流出客を減少する

③ 商品単価を上げる

④ 商品数を増加させる

⑤ 購入回数を増加させる

この5つに関係しない策は"無駄"となります。

今行っている業務が5つの何に関係しているのか。どの程度の効果を発揮しているのかを客観的に分析してみる必要があります。

この5つの何を優先的に行う必要があるのかということを知るために「どちらが簡単か?」と考えてみます。

例えば、①新規客と②流出客を比べると、②流出客の方が簡単だと言われています。

コストで換算すると新規客の獲得は流出客の減少よりも5~10倍コストがかかると言われています。

③商品単価を上げる。や④の商品点数を増加させる。は業界により難易度異なります。一度考えてみて下さい。

⑤の購入回数を増加させる。はお客様をファンにさせなければなりません。これはどのような業界でも重要度が高いかと思います。

このように難易度を考慮して、売上を5つの方法のどれで上げていくのかを考えてみて下さい。

そして5つの優先順位が決まりましたら、具体的な戦術を考えてみて下さい。

この売上を上げる5つ全てを1.2倍にした場合、売上は何倍になると思いますか?

何と......売上は、1.2×1.2×1.2×1.2×1.2倍になります。約2.5倍です。

売上目標を決めたら、何を何倍にするのかと詳細項目に落とし込み管理を行うと、達成や未達の原因を見つけることが出来ます。

売上の5つの何を向上させるための戦術が成功した。失敗した。ということの繰り返しこそが「成長」ということになります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

森本 耕司

森本 耕司

ネクステリア株式会社の代表取締役。店舖のマーケティング戦略とBtoBの営業マーケティングを得意とする。理論だけでなく、数多くの実践経験を持つ。

明日から使いたくなる!! マーケティング戦略のバックナンバー

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧