ニュース
» 2013年5月 9日 更新

広報・PRパーソンのためのビジネス英会話講座 突然、英語で取材依頼が来たときにパニックにならないための英語フレーズ集。

突然の海外メディアからの急な取材依頼の電話、広報の皆さまはどう対応されますか?

日本語であれば、「まずは企画書送ってください!」「どういった趣旨のご取材ですか?」といった感じで、デキる広報パーソンの返しができると思うのですが、英語になったとたん、頭が真っ白で電話主が誰だったか、連絡先を聞くのを忘れた、など半ばパニック状態になることがあるかもしれません。
私は昔そんな経験があります、笑


今回は、そんな時に便利な英語のフレーズをご紹介します!


①一旦メールで用件を教えてもらう。(英会話初級者向け)

電話で取材内容についてヒアリングするのは厳しい。そんな時は、ミスコミュニケーションを極力回避するために、一旦メールやFAX等で用件を教えてもらうのが得策。


a. お電話代わりました、広報を担当しております○○(名前)と申します。
    Hi. This is ○○. I'm in charge of the public relations department.

b. もしよろしければ、ご用件をメールかFAXにてご連絡頂けますでしょうか?
    Would you mind sending or faxing your request to me?

c. 私のEメールアドレス(又はFAX番号)は○○です。
    My e-mail address(or fax number) is ○○.

d. 内容を確認させいただき、改めてご連絡させて頂きます。
    I will contact you again shortly after reading it.



②電話で用件をヒアリング。その後、メールでやり取り。(英会話中級者向け)

英語のヒアリングができ、スピーキングもある程度できる方は、まずは電話で用件をヒアリング、そして口頭でのやり取りで後々齟齬が出ないように、メールで用件の概要を送ってもらうというスムーズな流れで、より真摯な対応姿勢を心がけましょう。


e. どのようなご用件でしょうか?
   What is the purpose of the call?

f. このやり取りは電話取材でしょうか?
   Is this a telephone interview?

g. 記事の趣旨は何でしょうか?
   What is the main point of the articles that you are going to write?

h. 他の企業へもご取材を進めていらっしゃいますか?
   Have you already interviewed the other companies about the said articles?

i. いつ頃のご掲載を予定されていますでしょうか?
   When are you planning to publish the articles?

j. 口頭でのやり取りで生じる可能性のある誤解を防ぐために、一度メールでご用件をお送り頂いてもよろしいでしょうか?
   To avoid any misunderstanding by verbal communication, could you share a summary of what you said via e-mail?

k. いつまでに回答すればよろしいでしょうか?
   When is the deadline of the reply?


いかがでしたでしょうか?

取材依頼の内容は、速報系の記事、業界・市場動向やトレンドなどを紹介するような傾向記事、コーナー記事など、露出の内容によって様々ですが、今回ご紹介したフレーズはどのケースにも対応できると思いますので、ぜひご活用ください!


■次回予告

「社長が取材を受けることができるスケジュールを確認します」「事前に質問内容をお送りください」など、取材調整の際に使える英語フレーズをご紹介します!

レアジョブ公式ブログではさまざまな英語学習法をご紹介していますので、ぜひご参照くさだい!

タグ

PR | 取材 | 広報 | 英会話 |

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

大堀航

大堀航

株式会社オズマピーアールを経て、オンライン英会話サービスを提供する株式会社レアジョブに入社。マーケティングPR、広報を担当。Public Relationsの概念を実務レベルで体現すべく、日々汗をかいています。 ※当ブログの内容はすべて個人的意見であり、所属または関連企業の見解を反映させたものではありません。あらかじめご了承ください。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧