ニュース
» 2013年8月23日 更新

広報・PRパーソンのためのビジネス英会話講座 海外のプレスツアーで最低限覚えておくべき英語フレーズ集。

前回のブログでは『冷静に、真摯に取材対応するための英語フレーズ集。』をご紹介させていただきました。

今回は、あまり頻繁にはないかと思いますが、日本のメディアを海外の本社へ連れていく際などプレスツアーをう際に使えそうな英語フレーズ集をご紹介します。

ご紹介するフレーズについては、私の周りにいる、過去海外でのプレスツアーのアテンドを経験したことがあるPRパーソンに聞き込み調査を行い、実際に「こう言った!」や「こう言いたいけど上手く表現できなかった~」といったフレーズをピックアップしてみました。


①入国審査

空港でメディア関係者と集合をし、出席を確認していざ出発。そして、海外の空港に到着したら最初の関門、入国審査。入国理由で「ビジネス」と答えると、根掘り葉掘り聞かれ、英語があまりできないと右往左往ということも、、そんなときに便利なフレーズ。

a. (入国の目的は何ですか?)ビジネスミーティングです。
  (What's the purpose of your visit?)Business meeting. 

b. ※それでも尚掘り下げて聞かれた場合、英語で答えることが難しい場合は、
   訪問内容や滞在場所を紙に書いておいて見せるという方法がベター。
   訪問先と訪問内容はこちらに記載しています。 
    Here is the description of visitation purpose and accommodation.


②タクシーの手配

ホテルから取材先まで、タクシーでメディアご一行をご案内する際に覚えておくべきフレーズ。
重要ポイントは、目的地、乗車人数、出発時間をしっかりと伝えておくこと!

c. タクシーを手配していただけますか?
    Could you arrange a taxi for us?

d. 目的地は○○で、4名が乗車します。13時頃に目的地に到着したいと考えています。
    We are 4 and we would like to arrive at ○○ around 1 PM.

e. ○○までどのくらいの料金がかかりますか?
    How much is the minimum taxi fare to ○○?


余談ですが、私の友人はタクシー2台を呼ぶときにホテルの人に「Taxi two please」と言ったら、
「それは、映画のTaxi2という意味だよ」と突っ込まれたそうです、笑



③レストランの予約~当日

訪問国で美味しい食事をすることは誰もが期待しているはず!
事前に参加者の食事の好みを把握して、素敵なレストランをチョイスするのがデキるPRパーソン!

<予約>
f. 明日夜7時から4名で予約したいのですが。
   I'd like to make a reservation for 4 at 7 PM tomorrow.

g. 4名でテーブル席でお願いします。
   I'd like to reserve a table for 4, please.

h. 禁煙席をお願いできますか?
   Would it be possible to have a non-smoking table please?

i. (誰かがフォークやナイフを落としてしまったとき)
  すいません、新しいフォークを持ってきていただけますか?
  Excuse me. Could you bring me a new fork?

  
<当日>
j. おすすめの料理を教えてください。
   Do you have any recommendations?

k. お会計をお願いします。
   I'd like to have the check, please.

l. 領収書をください
   Please give me a receipt.


いかがでしたでしょうか?

デキるPRパーソンには、食事や移動の手配などのシーンで、参加者に負担かけず、
さらに満足してもらうための心配りと、相手の気持ちを汲み取る力が求められますね。

私もまだまだ半人前ですが、デキるPRパーソンを目指して精進します!


レアジョブ公式ブログではさまざまな英語学習法をご紹介していますので、ぜひご参照くさだい!

タグ

PR | 取材 | 広報 | 英会話 |

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

大堀航

大堀航

株式会社オズマピーアールを経て、オンライン英会話サービスを提供する株式会社レアジョブに入社。マーケティングPR、広報を担当。Public Relationsの概念を実務レベルで体現すべく、日々汗をかいています。 ※当ブログの内容はすべて個人的意見であり、所属または関連企業の見解を反映させたものではありません。あらかじめご了承ください。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧