ニュース
» 2013年5月14日 更新

ちびクロの細かすぎて伝わらないネットサービスの話 【リブセンスSEO解説】リスティング広告の費用が高騰し、SEO対策の難易度が極端に高くなっている業界でウェブマーケティングを成功させる方法 『転職会議』ビジネスモデル&SEO対策研究特集

こんにちは、黒須敏行です。

今回の記事の目的は「リスティング広告の費用が高騰し、SEO対策の難易度が極端に高い業界でウェブマーケティングを成功させる方法」を理解してもらうことです。

SEO対策やリスティングはほぼやり尽くしたので、ユーザの行動を追跡し配信方法を最適化させた純広告を実施している企業も多いでしょう。そして思ったような効果を挙げられずに苦労をしている事例も見聞きします。

方法を結論から話すと検索エンジンを使ってユーザの顕在してる課題ではなく潜在的な課題を解決するという方法です。これまでのように他社の事例を詳しく見ながら解説をしていきますが、この記事はSEO、リスティングをやり尽くし次の打ち手を出しあぐねてるウェブマーケティング担当者にとっての突破口になることを意図しています。

章立てとしては

・リブセンス転職会議のマーケティング思想
・リブセンス転職会議のSEO対策
・リブセンス転職会議のビジネスモデル

という形で進めていきます。それでは参りましょう!

 

■リブセンス転職会議のマーケティング思想

リブセンスは転職会議という様々な企業の口コミ情報を閲覧することができるサービスを提供しています。

転職会議キャプチャ.jpg

同じようなサイトをエンジャパンや他企業などもやっていますが、このサイトの目的は一体何でしょうか?

それは転職希望者のリストを集めることですが、普通の方法と異なるのはユーザの潜在的なニーズや課題を解決していることです。

転職を希望するユーザをSEO対策やリスティングで獲得する際のキーワードは何でしょうか?地域、業種、職種、社名など様々なキーワードが考えられますが共通していえる問題点は、資本力を持った大企業が競合になるためリスティングのクリック単価が跳ね上がってしまう点です。

 高騰するクリック単価.jpg

リスティングのクリック単価が高いキーワードは当然SEO対策の難易度も競合が増えるので高くなります。

 業界により難易度が異なる.jpg

この領域で情報量とリンクを増やすというコストをかける方法もひとつのやり方ですが、リブセンスは「競合いない分野で勝負する」方法を採りました。その答えが転職会議というコンテンツです。

ユーザは転職の意欲の高低で分類できますが、大手を中心とした競合他社は基本的には転職意欲が醸成されたユーザをターゲットにしていることが多いです。リブセンスはこの一歩前のニーズに対してアプローチしている企業が無いことに目をつけ、コンテンツを作りSEO対策で集客をかけました。

潜在的な課題を解決.jpg

いますぐ客、そのうち客、あきらめ客という動機に応じたユーザの区分は神田昌典さんが『あなたの会社が90日で儲かる!』などの書籍で以前から提唱している考え方です。以前エムスリー研究で、ユーザの早期ニーズを解決するマーケ手法を紹介しましたが、この考え方と一緒です。


リストを作るタイミング.jpg

そしてこういったマーケティングの考え方を体現しているのがリブセンスの転職会議です。

 

■転職会議のSEO対策

転職会議で見るべきマーケティング手法はSEO対策、そのなかでもキーワード選定が洗練されています。転職会議と競合サイトのターゲットワードのランキングを比較してみましょう。

 転職会議ランキング比較.jpg

見てもらうとわかりますが、評判以外にも、年収、口コミ、などありとあらゆる不安に対してのキーワードを選定しコーディングを最適化しています。こういったキーワードは競合が少ないので、SEO対策の難易度も低くなります。

対応ページを用意する転職会議.jpg

SEO対策に大事なことはなんですか?と質問をすると多くの方から

「リンク」
「コンテンツ」
「テキスト」
「検索アルゴリズムのキャッチアップ」

などなどの答えが返って来ますがSEO対策で最も大事なことはユーザニーズのあるキーワードを選定することです。

そしてキーワードを選定するポイントは

・競合がいなく
・コンバージョンを獲得でき
・ボリュームが担保され
・コンテンツを作ることができる

という4つしかありません。転職会議の素晴らしいポイントは、競合が多い『いますぐ客』をターゲットにせず、競合がいない『そのうち客』や『あきらめ客』をターゲットにしたマーケ視点です。競合が多い『いますぐ客』を獲得するためには、とてつもないボリュームのリンクを調達するコストが発生するからです。

またコーディング方法も特殊です。上記で紹介したキーワードとは別に、非常に検索数が少ないキーワードも集客を成功させています。

転職会議テールワードランキング.jpg

ポイントはトリッキーなページ出力方法です。このページは転職会議のクチコミページです。


ボディのテキストは会員登録しないと見れませんが、コンテンツの一部を表示させtitle、h1などの重要タグに全て表示をさせてしまっています。

転職タグの重要タグ2.jpg

このやり方であればクチコミの数だけ流入ワードを増やすことができます。企業の第3者評価情報を見るサービスはマイニュースジャパンなどが有名ですが、こういったキーワードに対応されたページがそもそも用意されていません。

そのため転職会議はキーワードあたりの情報量は非常少ないです。それでも検索エンジンはこの非常に長いタイトルタグなどを元に転職会議が検索ワードに対応する情報を用意していると判断し、ランキングを上げています。これはキーワード毎にページを作るという発想が無いとできないことです。




アレクサランキングを使って各媒体の流入数を比較しても転職会議の流入数が最も多くなっています。

アレクサ流入数比較.jpg

■転職会議のビジネスモデル

転職会議のビジネスゴールは
・会員課金
・人材会社へリスト販売
・自社媒体へ送客
の3つです。

クチコミを見るためにはポイントが必要となり、そのポイントを獲得するためには購入するか他社の媒体の案件を見ることが必要になります。転職会議のインターフェースは、アプリのリワード広告のそれに非常に良く似ており、おそらくですが他社とは1掲載を閲覧する毎に支払う成果報酬になっていると思います。

IR資料によると、13年の第2クオーターに収益化を達成していますが要因は他媒体への送客課金です。

転職会議収益化.jpg

こういったリストを販売するビジネスモデルのメリットは、収益化がしやすい点です。じげんという会社をご存知でしょうか。バーティカルメディアという事業を展開していますが、どういった意味なのかわからない方も多いと思います。

バーティカルメディア.jpg

これも転職会議と同じモデルで、検索エンジン経由中心に獲得したリストを人材や不動産業界などの事業会社に販売するモデルです。自社で直接エンドクライアントとアカウントは開かないので収益性はリブセンスのジョブセンスなどのサービスよりは落ちますが、営業先はポータルを運営する企業に絞られるので営業コストが低くなる硬いビジネスモデルです。

話を戻すと転職会議のようにユーザの潜在的なニーズや課題を解決できるコンテンツを使って、本丸の商売のリストを集めるというビジネスモデルはリブセンスだけでなく様々な会社が行なっています。それでもまだこういったマーケティングができていない会社は多いです。

 

■まとめ

転職会議の素晴らしい点はユーザのニーズの白地を、SEOという最も費用対効果が良い方法で集客している点です。SEO対策、リスティングのクリック単価が高騰して大変だ。。と悩んでいる方は多いと思います。

そんな方はまずユーザがどんなニーズ持っているのかを把握したうえで、ユーザの潜在的な不安や課題を解決する余地はありそうか?という視点を持つことが大事です。

それではまたこの場所でお会いしましょう!

※訂正

訂正連絡をいただきましたので訂正をします。

①ジョブセンスリンクへ送客をしていると書きましたが、送客はしていません。

②転職会議のビジネスゴールは員課金・人材会社へのリスト販売・自社媒体の送客ではなく求人媒体への送客・会員課金・広告掲載の3つです。

③転職会議は閲覧課金ではなく応募課金です。

④現在応募案件閲覧でポイントを獲得することはできません。

⑤収益化は13年の第2クオーターではなく、12年の第2クオーターです。

ご指摘ありがとうございました。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

黒須敏行

黒須敏行

早稲田大学在籍時に株式会社アルコにアルバイトとして参加し入社。現在はコンサルタントとしてベネッセやラクスルなどが運営する大規模サイトを中心にウェブマーケティング改善のプランニング及びコンサルティング活動を行なっている。

ちびクロの細かすぎて伝わらないネットサービスの話のバックナンバー

「マーケター通信」購読一覧