ニュース
» 2016年10月 4日 更新

ちびクロの細かすぎて伝わらないネットサービスの話 SEOのために月500万を超える予算で記事を作り続けてわかった一つのこと

c0dbf08b84ee710b00122f2cc504a27c685e3274.png

検索流入改善のプロジェクトとしてコンテンツ制作の専用チームと月500万円以上コンテンツ制作予算を充ててもらい、改善に取り組んだことがありました。

このプロジェクトはビジネスゴールを達成するためにコンテンツを使ったSEOとどのように向き合うべきか?という視点で大きな学びがあり、今回はそれを伝えたいと思います。

・当たり前だがコンテンツが増えれば流入は増える
・肝心なのはビジネスゴールを達成できるかどうか
・プロジェクトを経て再確信したあるべき姿

以上の目次でひとつずつ説明します。


コンテンツ投下に伴い増えた流入

ディレクトリタイプのECサイトにおける一覧ページへの検索流入改善の相談でしたが、調査したところ基本的なサイト構造に伸びしろは無いと判断しました。

そのためジャンル特化のメディアを複数立上げ、メディアの記事でECの一覧ページを構造化し、ナチュラルリンクを短期に大量に獲得すべく月間数百の単位で分野特化の記事を増やすことにしました。

メディア施策がのびしろ判断

またこの他の施策も複数検討しました。ここではその一部を紹介しましょう。

-メディアを外部配信

ITメディアがInfoseekや様々な媒体に外部配信をしているように、メディアを外部配信することで被リンクを獲得できます。この施策は記事を全文ではなく一部転載にするとより良い効果を見込めます。またnofollowやリダイレクトが配信先につかないものがベストです。

外部配信して被リンク

-検索コンテンツを他社に提供

自社の商品を外部提供します。例えばオークファンはヤフオクの相場情報をもとにコンテンツを用意していますが、ああいった構造を人為的に作ることで被リンクをコントロールできます。こちらもニュースの外部配信施策と同様に全文転載ではないほうが良いです。

検索対象コンテンツを配信

-ソーシャルメディアやCGM領域をウェブ化

昨今ユーザはソーシャルメディアに移行していますが、ソーシャルメディアのコンテンツがウェブ化されていない領域が多くあります。それらをWEB化させることで被リンクを獲得します。

また口コミ情報や掲示板などはコンテンツの品質をコントロールできないケースがあるため別ドメインに切り出しサテライトサイト化させます

ソーシャルcgmから被リンク

これらの施策を検討していましたが、リソースの問題でメディア経由の被リンク獲得に注力することになりました。

その結果短期間に

・メディアの流入が数百万PV達成
数千のナチュラルリンク獲得

という成果がありました。

そしてここで重要なのは

・メディア経由のコンバージョンはあったか?
・ECの一覧ページのSEO順位はあがったのか?

なんですが、結論からいうと前者はそもそも想定しておらず、後者については順位は上がったものの期待をしていた劇的な伸びではありませんでした。


劇的な改善は実現できず

メディア経由の直接コンバージョンは当初から想定していませんでした。もちろん記事を読んだ方が直接購入というシナリオがベストですが、被リンクの両立と高CVRの両立は難易度が高いと考えたためです。メディアはあくまでも被リンク獲得を優先にしました。

そして肝心のSEOですがターゲットキーワード郡(1788ワード)の10位以内表示率は25%から32%まで上がりました。

しかし検索数の大きいワードのCTRが落ちた影響で、検索流入は減少しており検索結果の改善提案をもってプロジェクトは終わりました。このプロジェクきっかけに

メディア経由のナチュラルリンクだけでは劇的な改善は実現できないのでは

と考えるようになりました。投下したコンテンツ量や得られら被リンクを考えると順位の上昇幅は物足りない結果になったためです。


今考えるあるべき構造

当初想定していた被リンク構造を考えるとメディアを活用した施策はごく一部だというのがわかります。

あるべき構造

メディアの施策は記事の良し悪しによって獲得できる被リンク量が変わることがネックです。競合性が高い領域はメディアを使った施策だけでは十分な被リンクを担保できないことが学びでした。あくまでも多くの打ち手の一つとして捉えるべきです。


最後に宣伝

今回新規事業を立ち上げる際のSEOというテーマで講座を撮影しました。コンサルティングの現場で使っている事例をベースに解説しているのでわかりやすいと思います。

udemySEO講座誘導バナー

私個人に連絡を貰えれば無料で視聴できるプロモーションコードを発行するので、お知り合いの方はメールか何かでご連絡ください。

それではまたこの場所でお会いしましょう!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

黒須敏行

黒須敏行

早稲田大学在籍時に株式会社アルコにアルバイトとして参加し入社。現在はコンサルタントとしてベネッセやラクスルなどが運営する大規模サイトを中心にウェブマーケティング改善のプランニング及びコンサルティング活動を行なっている。

ちびクロの細かすぎて伝わらないネットサービスの話のバックナンバー

「マーケター通信」購読一覧