梅下武彦

ハイ・コミュニケーション私論

今日の世界は「ハイ・コミュニケーション」時代である。スマートデバイスのコモディティ化で、それはさらに加速して行く。社会のいたるところに、コミュニケーションチャネルが存在し、ますます融合していくことは避けがたく、全てがソーシャル化していくプロセスである。そうした情況について考えてみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着エントリー

私的公開日誌@161013.01 もう5年以上も前(11年4月)、「Geek Meritocracy」(ギークメリトクラシー)という言葉を初めて耳にした。これは、EvernoteのCEOであるPhi... (2016年10月13日)

私的公開日誌@160825.01 一瞬、それは思わぬ返事のような印象を受けた。私のキャリアはマーケティングコミュニケーション、それもPR(パブリックリレーションズ)だと伝えたとき、なかんずく広報・I... (2016年8月25日)

私的公開日誌@160308.01 中編では、ハイテクと多様性がもたらす反作用としてのハイタッチによるコミュニティ志向、facebookに代表されるオンラインのグローバル化で軽やかなつながりが進展して... (2016年3月 7日)

私的公開日誌@160301.01 当初、このブログは後編として完了させる予定だったが、私自身がこれまで考えてきたことを整理ながら書いているうち、思いのほか長くなってしまった。そこで、ここはまことに勝... (2016年3月 1日)

私的公開日誌@160223.01 はじめて「コミュニティフォーラム2016」に参加した。このイベントは、毎年2〜3月に開催され、今年ですでに11回目を迎えたとのこと。様々なNPO、市民活動グループ、... (2016年2月23日)

私的公開日誌@160212.01 昨年10月、ようやく日本語でも利用できるようになったMeetup(共同創業者&CEO スコット・ハイファーマン)というサービスある。 このニューヨーク(以下NYC)... (2016年2月12日)

私的公開日誌@20160115.01 ここのところ、広報業務についてとてもためになる話を聞く機会に恵まれている。最近、よく耳にする「攻めの広報」という言葉だが、それは一体何をもって「攻め」というのか... (2016年1月15日)

私的公開日誌@160107.01 95年以降のこの20年、インターネット、とくにソーシャルテクノロジーの発達によりコミュニケーション環境は大激変しつつある。私はそうした日々進歩しつづける環境のなかに... (2016年1月 7日)

私的公開日誌@151208.01 たまたま「ペライチ」をなにかで知り、先行登録したのは実は2年以上も前の13年5月だった。このほど、ようやくPeraichiLista(ペライチリスタ)の仲間入りをし... (2015年12月 8日)

私的公開日誌@151013.01 グーグル、アップル、マイクロソフト、フェイスブック、ようやく本格的なプレイヤーが勢揃いした。これら世界的企業の次のプラットフォーム覇権争い(競争)が、Virtual... (2015年10月14日)

Loading

「マーケター通信」購読一覧