野澤智行(のざわともゆき)

コミュニケーターとしてのキャラクター活用の現在

ソーシャルメディアやスマートフォンの普及とともに、企業や団体のコミュニケーション活動におけるキャラクター活用も転換期を迎えています。キャラクターの開発・活用提案や効果測定を担当している広告会社の一員として、様々なキャンペーンやイベント、ゆるキャラやご当地ヒーローまで、今起きていることと、その底流にあるものを考察します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着エントリー

2013年もはや7日目、すっかり正月気分も抜けた頃かと思います。前回更新から一か月以上空いてしまいましたが、今年は当初のペースに戻すようがんばります。 さて、12/8の日本マーケティング・サイエンス学... (2013年1月 7日)

 日々の業務に追われ、前回更新から三週間も経ってしまいました。反省しきりです。その間に、自分が当事者となる様々なことがありました。  まず11/18に広告学会第43回全国大会で、早稲田大学朴先生との共... (2012年11月27日)

 もう一週間近く前になりますが、ウォルト・ディズニー社のルーカスフィルム買収と、スター・ウォーズエピソード7の2015年公開予定の発表報道には驚きました。 買収額は40億5000万ドル(約3224億円... (2012年11月 6日)

 前回予告した通り、今回は10/20-21に開催された「ゆるキャラまつり in 彦根2012」についてです。二日間で88,000人が来る大盛況のイベントでした。 イベント自体のレポートはWisdom ... (2012年10月26日)

 序論として、まずキャラクターとは何なのかから整理してみましょう。    キャラクターの定義については、イデア綜合法律事務所さんのサイトで紹介されている通り、極めて多義的に用いられています... (2012年10月18日)

 世界で人気のキャラクターが多数存在する日本、物心ついた時から大量のキャラクターに囲まれて育った世代が50代前半に差し掛かっています。  40代後半である筆者世代を例にとると、幼少時からウルトラマンや... (2012年10月10日)

Loading

「マーケター通信」購読一覧