ニュース
» 2014年9月 6日 更新

8月上旬の記事ですが、セキュリティの記事(英語)がでています、すぐにセキュリティパッチが出ているのは良いところですね。

このような記事でも、海外(北米?)では、WordPressDrupal が2強状態なのが、記事からも推測できますね。
Joomla! は欧州で強いみたいだから、北米では、あまり出てこないのかもしれません

 

WordPress, Drupal bugs may leave websites vulnerable to cyberattacks

http://www.gmanetwork.com/news/story/373764/scitech/technology/wordpress-drupal-bugs-may-leave-websites-vulnerable-to-cyberattacks

世界では WordPress がサイト数でも、開発者数でも多いのですね。私の主観では、WordPress は入門向けであり、入りやすいですが、、技術者として、フル活用したいとなると Drupal に行くのが北米などの動きかな、と捉えてます。また、Ruby on Rails などから楽に運用したいとなると、Drupal に行くと言う技術者も多いみたいですね。

日本でも、私も情報発信し始めて居ますし、他の先見の明のある方々も、情報発信されていますので、Google トレンドでも(WordPress を除くと) OSS CMSと呼ばれるモノの中では、急上昇しつつあります。個人的には、CMS と言う枠ではなく(元はCMSとして)、OSS PaaS の中核となる、Application Framwork になっていると捉えてます。

Drupal、Joomla、Magento、でのトレンドを日本で見た場合  ※Googleトレンドで、「日本」地域での「12ヶ月」期間で比較

20140907-jp-trend.jpg

 

今後の Drupal をビジネス向け、特に、大手企業でも採用されるように「Drupalビジネスコンソーシアム」では活動していく予定です、私も副理事長ですので。

来週の9月9日に、「Drupal ビジネスコンソーシアム」の説明会を開催します。御興味がある方は、ぜひ参加下さい。


Drupalビジネスコンソーシアム説明」のイベントページのURLは下記になります。 
http://kokucheese.com/event/index/211360/ 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

池田秀一:Hidekazu Ikeda

池田秀一:Hidekazu Ikeda

ミドルソフトウェアや OSS についてのBtoBマーケティングにおいて外資企業、国産大手企業、ベンチャー企業と様々な環境での経験が豊富な『闘うマーケッター』。

「マーケター通信」購読一覧