ニュース
» 2014年10月 1日 更新

Drupal 8.0.0 beta 1 released

https://www.drupal.org/drupal-8.0.0-beta1

 

と言うことで、Drupal 8 がベータ版になりました♪ 正式版に一歩ずつ近づいてますね。

また、昨日9月30日に、DrupalCon が Amsterdam で開催されました。

先月来日していた Dries Buytaert さんが、Keynote で講演している動画が YouTube に公開されています(英語)。

 

DrupalCon Amsterdam 2014: Keynote: Dries Buytaert

http://www.youtube.com/watch?v=4NN5EM4CYVE

 

 

現在、日本のIT業界は、物凄い人手不足であり、Drupal 7 での案件も増えていますが、技術者が圧倒的に足りない状況です。

Drupal の開発企業を紹介して欲しいと言う依頼が、私のところにも何件も来ておりますが、、、困ったことに紹介できそうな開発企業にも、Drupal の新規開発案件が入っていて、受けれないと言う【嬉しい悲鳴】状態になりつつあります。

そこで、大手SI企業であれば、技術者の方に対して、Drupal の研修、もしくは PHP + Drupal の研修を行うことを、「研修専門企業」が行うことを共同で広報致しました。

システム構築は行っていない研修専門企業との共同広報を最初に行った理由としては、大手SI企業なども、他のSIも兼務で行う研修企業を紹介するのでは、やはり、競合的な側面が出ますし、顧客情報、案件情報に関して、敏感な場合には、躊躇してしまいます。

実際、20年ぐらい前の Oracle RDBMS が日本に来た頃や、15年ぐらい前の Enterprise Linux が日本に入ってきた頃には、システム構築と研修を行っている中小企業が、案件や顧客を奪う事態が起きて、横で見ていて、辟易した経験があります。Drupal をビジネスコンソーシアムと浸透させるのに、無駄な争いは避けたいので、まずは、研修専門企業から協業を始めました。

 

 

「Drupal & PHP技術者育成講座」を10月から開始

http://codezine.jp/article/detail/8163

 

 

今後は、選択肢として、研修とSIの双方を行っている企業とも協業を考えて行きますが、、まずは、誠実に研修特化した企業を紹介できる体制を作ったと言うことです。

 

Drupal 8 の正式版の提供に向けて、さらに研修企業や、日本語の技術情報が増えて行くのを期待したいですね♪

 

Drupal8 では、多言語対応がより強化されますので、多言語対応での多様なブラウザでのテストが大変な工数になりかねません。以前に紹介した、ブラウザの自動テストツールである Selenium の採用も検討が必要かもしれませんね。

トライデント社の Selenium 技術情報
http://www.trident-qa.com/techinfo/

最後に、またまた、しつこいですが、第2回の DBCJ説明会の御案内です。

期待の次期版【Drupal 8】の話題が多めになりそうですので、小薗井さんに乞うご期待♪

--- 

第2回 Drupalビジネスコンソーシアム(DBCJ)説明会    

 

日時:10月2日 13時30分受付開始、14時00分開始
場所:日立ソリューションズ社セミナールーム: 品川駅新幹線改札口すぐ横

アジェンダ

1. 御挨拶: DBCJ 理事長 
2. 賛同企業代表の御挨拶:日立ソリューションズ様
3. OSS PaaS、Drupal を取り巻く市場動向:DBCJ副理事長 
4. Drupal の概要説明 Drupal8
5. 国内の構築事例紹介
6. Q&A

http://kokucheese.com/event/index/214573/

----

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

池田秀一:Hidekazu Ikeda

池田秀一:Hidekazu Ikeda

ミドルソフトウェアや OSS についてのBtoBマーケティングにおいて外資企業、国産大手企業、ベンチャー企業と様々な環境での経験が豊富な『闘うマーケッター』。

「マーケター通信」購読一覧