ニュース
» 2013年11月11日 更新

WebアナリストのUX戦略思考 「UX Advent Calendar 2013」でマーケティングの本質を探求しよう

adventar01.png

ADVENTARというサービスを利用して「UX Advent Calendar 2013」を作成してみましたので、今回はそのご紹介です。

アドベントカレンダー(Advent Calendar)とは?

師走を楽しもう。技術系アドベントカレンダーの魅力とは」に分かりやすく解説されています。

アドベントカレンダー(Advent Calendar)とは、クリスマスまでの期間(待降節=アドベント)をより楽しく過ごすため、12月1日から24日までの間カウントダウンしていく"日めくりカレンダー"のことです。
IT業界では、このアドベントカレンダーの風習に習って、12月1~24日の間、何かのテーマや、何らかの制限事項(縛り)を設けてWebにコラム記事を書くというイベントを楽しむようになりました(なかには25日や年末まで続けるものもあるようです)。

UX アドベントカレンダーについて

ユーザビリティ、情報アーキテクチャ、ウェブ解析、コンテンツ戦略など、ユーザエクスペリエンス(UX)に関連することを主題とするカレンダーです。

実践したことに限らず、新しい提案、事例研究・分析、日常の体験についての感想など幅広く募集します。コラムや日記のような感覚で気軽に参加してください。エクスペリエンスでUXを語りつないでいきましょう。

ADVENTARの使い方
 1. ログインボタンから新規登録へ
 2. Google+またはGitHubで登録
 3. Gravatarでアバター登録(メルアドで連携)
 4. お好きな日にちの登録ボタンをクリック
 5. コメントを書いてみる

表現方法は、Twitterでのつぶやきからブログまで自由です。リンク先は当日には入力できると思われます。

ぜひご参加を

UXについて考えることで、マーケティングの本質を探求しよう。

UX Advent Calendar 2013

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

若狹 修

若狹 修

ウェブ解析を軸としたKPI設計、マーケティング施策、コンテンツ改善のコンサルティングに従事。現在、原点である人間工学を基に、ユーザ調査など様々な分野のアプローチを相互補完的に活かした研究と提案を行っている。

「マーケター通信」購読一覧