ニュース
» 2014年7月14日 更新

待ったなし!「市場の変化」と「テクノロジの進化」に対応する、データ活用の現場と小売業の次世代マーケティング戦略。 「顧客の財布を開かせる」から、「顧客との時間を奪い合う」時代へ オムニチャネルの行き着く先~

最近オムニチャネル取組関連の記事や書籍が増えていますが、
企業がオムニチャネル戦略を実践する際の方向性を固める企業が出てきています。

「方向性を固める」ということはオムニチャネルの目的意義を
社内外浸透させる為に「言語化」が進む事を指しています。

オムニチャネル戦略をそもそも 「誰に対して」「何のために」「どうやって」実現するのか。
この辺りが整理されていないと、サービスやシステム開発、プロモーションなど、
戦術レベルに落ちた際にぶれが生じて結果うまくいかない事が多いです。

例えば・・・
パルコさんは、「24時間パルコ」と戦略発信しています。
無印良品さんは「顧客時間の拡大」と戦略発信しています。

店舗でも家のPCでも、電車の中のスマホでも、
「顧客が自社に関わるすべての時間をいかに最大化するか」を目的として戦略発信しています。

今までの顧客へのアプローチでは、 「いかに顧客の財布を開くか」、
自社店舗でどれだけお買物いただくかを 一つのKPIとして目標化していましたが、
オムニチャネルを推進するにあたり、 「いかに顧客の時間を使わせるか」かがKPIとなって
測定する技術も進化すると思っています。

各企業が主にスマートフォンを通し「顧客の時間の奪いあい」をする時代が
これから始まる際、これからのマーケティングとして
消費者側がそれを便利と感じるか、干渉されている、と感じるか
企業側のポリシーやモラルがより問われる時代になると思います。

なぜ便利なのか、誰にとってのサービスなのか、
どんな想いで企業側から提供されているのか、
ただアプリやシステムを開発して、販促するだけでは伝わらない
企業の想いまで表現できた時に、
顧客満足として オムニチャネル戦略が成功に向かうのではないでしょうか。

人間誰しもに平等な一日24時間という時間軸。
その時間の奪い合いは今まで以上に激しくなるのではないでしょうか。

最後まで読んで下さりましてありがとうございました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

佐々木 卓也

佐々木 卓也

2000年にマーケティング会社であるフュージョン株式会社に入社。現在代表取締役社長。小売業・メーカーにおけるCRM支援やID付POSデータ分析システムの提供と活用支援等、幅広い知見で顧客との距離を縮めるサポートを行っている。米国DMA公認ダイレクトマーケティングプロフェッショナル。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • ソーシャルメディアマーケティング

「マーケター通信」購読一覧