ニュース
» 2014年5月31日 更新

ヒトxモノxコトxソーシャル=売れるプロモーションをデザインする [LINE@]お客さんの反応を開封率とブロック率で定点観測する

N112_sumafomotteodoroku.jpg

販促アドバイザーの塚越(@tsukagoshi0926)です。

LINE@の運用方法のコツが紹介されていましたのでピックアップ。

クーポン開封率60%?! バウムクーヘン専門店が実施した、SNSも活用する友だちの集め方とは?(LINE@公式ブログ)
http://blog.lineat.jp/archives/37210862.htm

[事例のポイント]

(1)抱えていた課題
・お店の存在を忘れられないようにする
・まずはより多くの方にお店を知ってもらうことが課題

(2)LINE@を始めたきっかけ
・開封率が高い

(3)クーポン内容のコツ
・クーポン内容にはインパクトも重要→開封率に影響

(4)友だち集めのコツ
・LINE@からクーポンを出す数日前に、SNS上で事前告知
・「もうすぐお得なクーポンを配信するので、いつまでにLINE@で友だち追加しておいてください」という内容で配信→3日間で100人以上友だちが増えた

[参考にすべきポイントはココ!]

この中で、他業種でも参考になると思うポイントはこの行です。

「お客さまにもっと満足してもらいたい」と思い、お得な情報を詰め込みすぎたことがあったんですが、それが裏手に出て、ブロック数が増えたことがありました。内容・配信時間・配信頻度には気をつけて、友だち数の変化をしっかりと見ていくことが大事だと思いますね

これ大事です。
ソーシャル系プロモーション/コミュニケーション全般に言えることですが、お客さんの反応がいまいち掴みづらく、いくらやっても手応えがなくて段々疎遠になっていくという企業が多いです。 LINE@ではそんなに多くの指標が計測できるわけではないですが、お客さんの反応が如実に出るのがこの「開封率」と「ブロック率」です。

開封率ではお客さんの活性度とクーポンの掴みが良いのか悪いのか、ブロック率でメッセージの頻度やクーポンの内容が良いのか悪いのかを見極めていけば良いと思います

販促・プロモーションアドバイザー|塚越(@tsukagoshi0926)

最新記事はこちら▶ 販促アドバイザーのソーシャルメディアプロモーション

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

塚越嘉秀(販促アドバイザー)

塚越嘉秀(販促アドバイザー)

販促アドバイザーの塚越です。 O2O&ソーシャルメディアマーケティングを専門に、企業さまへのアドバイス、支援、コンサルティング、企画、運営代行を行なっています。新しモノ好きですが、軸のブレない仕事のスタイルを仕事のスタイルをモットーにするソーシャルメディアマーケティング代理店です。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • データ分析/効果測定
  • マーケティング戦略

「マーケター通信」購読一覧