ニュース
» 2013年1月16日 更新

グーグル検索で読み解くユーザー心理 2012年のハロウィンの盛り上がりの謎を検索キーワードから読み解く

こんにちは。

はじめまして鶴谷です。

2012年に面白い動きを見せた検索キーワードを紹介したいと思います。

2012年盛り上がったキーワードで印象的なものの1つが、

ハロウィン

です。

グーグルトレンドにて調査してみると、過去最大に盛り上がったのが2012年で、2011年から一気にキーワードが盛り上がり始めています。


いろいろ仮説をたてて考えてみましたが、いまいち回答が見つかりません。

日本のアニメ文化やコスプレ文化にうまくなじんだのでしょうか?

ディズニーハロウィンがイベントに力を入れたのか? しかしこのイベントは90年代からあります。

ここでもう少し深堀してグーグルトレンドを活用してリサーチをかけていきたいと思います。

グーグルトレンドで、カテゴリ別にセグメントして2012年に顕著に盛り上がっているカテゴリとそのカテゴリの人気キーワードをリサーチしていきます。


人気キーワード欄に、

  • ハロウィンメイク 
  • ハロウィンネイル

などが登場しています(※2011年~2012年にでてきた新トレンドのようです)。

また、実際に検索してみるとわかりますが、メイクといってもお化粧というよりも変装の意味合いが強い単語です。


人気キーワード

  • ハロウィン衣装
  • ハロウィンコスチューム


人気キーワード

  • ハロウィン画像

上記から何が見えてくるかというと、

メイク、ネイル、衣装、コスチュームなど......

要するに仮装(変装)する人が増えた、

イコール

仮装してハロウィンイベントやハロウィンパーティーにくりだす人が増えた、

という現象が起きたことがある程度の精度の予測として発見することができました。

また、今はFacebookをはじめとしたSNSで、画像や文章によるコミュニケーションツールが発達しているので、まだハロウィンに行ったことがなくても、

  • ハロウィンイベントの感想を聞いた人
  • ハロウィンイベントの写真を見た人

が増えていると思いますので、来年はもっともりあがるのではないでしょうか?

インターネットで、ハロウィンと検索して写真やイベント内容をみてみると、本家のアメリカのハロウィン色とちょっと違っていて、仮装した子供にお菓子をあげるなどというよりは、コスプレ色が強いように思いました。

なぜ2012年にハロウィンイベントに行く人が増えたのか? というところまでは今回はいけませんでしたが、検索キーワードの動きだけでも少しハロウィンの謎の解明に近づけたかなと思います。

ハロウィン○○という商品やサービスで展開できる会社さんは、来年2013年の10月にはハロウィンにあわせて企画をしてみるのも面白いと思います。

まとめ

ハロウィン関連の検索キーワードからみえたこと

  • 衣装・コスチューム・ネイル・メイクなどのキーワード上昇が2012年は顕著
  • おそらく仮装イベントに繰り出す人がとても増えた

ラビットSEO(http://rabbitseo.net/
鶴谷智洋

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

鶴谷智洋

鶴谷智洋

ラビットSEOというコンテンツSEO事務所をやっています。前職は、e-まちタウン株式会社で自社ポータルのwebマーケティング、法人向けSEO事業等やっていました。Web上で紹介、リンクしたくなる良いコンテンツとは、というのを研究中です。アプリマーケティング研究所というアプリのマーケティングブログも運営中。

「マーケター通信」購読一覧