ニュース
» 2013年1月27日 更新

グーグル検索で読み解くユーザー心理 勝手に神社マーケティングについて考えた

先日神田明神という神社に行く機会があり、
神社ってどうやって儲けているんだ?というところが気になったのでじっくり観察してきました、
また勝手にマーケティングについても考えました。

jinjya.JPG

■お賽銭

一番おなじみなのがお賽銭。
saisen.JPG


私は20円入れました。

後で調べたら、
全国の平均お賽銭額は149円だそうです。予想以上に高い。

▼お賽銭を引き上げる

平均金額が予想外の149円というところで、
もし「お賽銭の平均金額は149円です」ってかいてあったら150円入れたかも。
もし「お賽銭は金額ではないですが、神社の管理人さんや神様に対する気持ちの表れです」、
とかかいてあったら、200円入れたかもしれない。
(いやらしさが出過ぎるとダメかな)

■神社内の結婚式会場

神社の中にある建物で挙式があげられる。
挙式は1回38万円。
kekkon.JPG


会場は神社が所有していると思うので、
ここは明らかに結婚式の本数増やせればキャッシュポイントになる気がします。

案内も控えめな感じなので、
神社で結婚式あげると何が良いことがあるの?
というのをもっと張りだしたりしてアピールすべきと感じました。

▼高額商品の定番、リストマーケテイング

神社的にアリなら(アグレッシブな神社ってダメ?)、
単価が高いのでリストを集めるのが良いと思う、

「神社の結婚式動画をメールで送りますメールアドレス登録してください」
「無料でDVDとパンフレット郵送するので、住所を登録してください」
その後、メールやDMで定期的に情報を送る。

▼youtubeを利用

youtubeに神社の結婚式動画を、
アップしていくのも良いかもしれません。

youtubeキーワードツールで見てみると、
結婚式関連で月間40万回も検索されていますので、
(「結婚式 余興」とか「結婚式BGM」とかが多いみたいですが)
関連動画からのアクセスが期待できるかもしれない、
あとグーグルアドワーズ使えばyoutubeに広告として動画出稿も出来る。


■メイン売店(お守り・絵馬)
巫女さんがお守りとか絵馬を売っています。

お守りはかなり種類があって、
あ、これ自分のためのお守りってなって買いたくなります。

キティちゃんのお守りもあった
キティちゃんがライセンス販売戦略とっているのは有名だがお守りにも登場。

ビジネス系のおまもりもあった。
・しごとのおまもり1000円
・ITおまもり 800円
omamori.JPG

売店の巫女さんいわく、
一番売れているのは勝守(かちまもり:勝負事に勝てるおまもり)500円
ITお守りはIT企業の経営者とかが買っていくとのこと。

▼売店の張り紙を大きく

売店の上に張ってある張り紙(商品メニュー一覧)を大きくしたほうが明らかに良い。
混んでくると商品が見えないし、人が多いとゆっくり見れないので、
マクドナルドのレジの上に張ってあるメニューと一緒で、
遠くからでも張り紙を見て考えられるようにしてほしい。

・写真
・何のお守り
・値段

この3つだけでいいのでとても目立たせるべき、
と思いました。



■サブ売店(お菓子・お土産)

お土産を売っています。
なつかしのインスタントカメラもレジ前においてあった(まだシニア層には売れてるってこと?)
file2.JPG


レジの店員のおばあさんいわく、
人気商品はせんべいと人形焼とのこと。
その後「将門様がなんとかかんとか~」と喋りだしたがよく聞こえなかった。

※将門とは平将門のこと。
神田明神は平将門をまつっている神社ということをここで初めて気づいた。

気になったのはコレ。
巫女入門という本。神田神社監修らしい
miko.jpg



▼ライセンスビジネス、

神社が監修や公認を売りにプロデュースする、
ライセンスビジネスというのは可能性を感じた。

・神社監修のおまんじゅうです。
・神社監修のお酒がある居酒屋です。
・神社監修の礼儀作法の授業がある幼稚園です。

ブランド力・雰囲気を感じませんか。
監修してほしいっていう企業たくさんいそう。


■謎のDVD販売

音声案内の機械に雑にはってあった。
「神田祭大図鑑」DVDビデオ2枚組3000円
DVDのことを、DVDビデオっていっている部分で時代を感じる。
file.JPG

▼どうやったら買えるか書いてほしい
これ買いたい!と思ってもどこで買えるかが書いてないみたいです。
とりあえず電話番号くらいは書いといたほうが良いのではないでしょうか。


■神社+ITで何が出来るか

▼おまもり通販
ネットビジネスに絡めるとすると、
時間がなかったり、地理的な問題で、
お守りを通販で買いたいっていう人もいると思うので、
お守り通販はありかもしれないなと。

誕生日のお守りをネットギフトで送ってあげるとか。
受験の子にギフトで送ってあげるとか、
応用も利きそう。

調べたらお守り通販
やっている神社もいくつかありますね。

hachiman.png

sainanin.png


▼デジタルお賽銭

デジタルでお賽銭が出来るようにする、
スイカとかedyで、シャリーンってやってから拝む。
画期的な気がするけど、ぜんぜん風流を感じないからダメそう。


★まとめ

神社がお金をもらっているポイントは意外にたくさんある。
ネットとかと絡めたら面白い企画ができそう。

ラビットSEO(http://rabbitseo.net/
鶴谷智洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

鶴谷智洋

鶴谷智洋

ラビットSEOというコンテンツSEO事務所をやっています。前職は、e-まちタウン株式会社で自社ポータルのwebマーケティング、法人向けSEO事業等やっていました。Web上で紹介、リンクしたくなる良いコンテンツとは、というのを研究中です。アプリマーケティング研究所というアプリのマーケティングブログも運営中。

「マーケター通信」購読一覧