ニュース
» 2013年3月28日 更新

グーグル検索で読み解くユーザー心理 ツイッターからのリンクはSEO対策にならない?nofollowタグが復活

■ツイッターのnofollowが復活?

ツイッターは2012年の10月頃から、
ツイート文章内の外部へのリンクに対して、
nofollowタグを外していたが、再度適用した模様。

twitter-bird-white-on-blue.png


■それってどういうこと?

nofollowタグが挿入されるということは、
Googleのクローラーがツイッターのリンクを基本たどらなくなるということであり、
PAGERANK・アンカーテキストを転送しないということ。
(※ツイッターはURLのリンクのみなので、
アンカーテキストはつけられないけれど)

なので例えば、
「新しくつくったコンテンツを、
ツイッターでつぶやいて早期に検索エンジンにインデックスさせる」
というような活用をされていたか方も多いと思いますが、
その方法は有効ではなくなってしまうのかもしれない。

(※グーグルのヘルプを見ると、「基本nofollowタグは辿らない」と言っているように、
ツイッターは速報性の高いソーシャルメディアということもあり、
もしかしたらリンク自体は辿られ続けるようになるのかもしれないですが)

▼nofollowタグについてよく知りたい人への参考ページ:



■そうはいってもツイッターはとても強いメディア

単純にフォロワーに情報を伝える伝達・拡散手段として、
もしくは、ツイッターからの情報を元にした、
togetterツイログなどのサイトからの二次的効果など、
twitterを活用するメリットというのは多くあると思います。

もちろん「今まではツイッターからのリンクがSEO対策に超効果的だったのに効果がなくなった」とか、「ツイッターを使うのをやめたほうがいい」というようなことを言いたい訳ではなく、

結論、どうこう出来るものでもないので、
特に気にする必要もないと思います。


■まとめ

一時的なテストの可能性も否定できないですが、
本日現在で、ツイッターからのリンクにnofollowタグが復活しているのを確認した。(あくまで自分のPC/アカウントで)というニュースになります。ご参考までにどうぞ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

鶴谷智洋

鶴谷智洋

ラビットSEOというコンテンツSEO事務所をやっています。前職は、e-まちタウン株式会社で自社ポータルのwebマーケティング、法人向けSEO事業等やっていました。Web上で紹介、リンクしたくなる良いコンテンツとは、というのを研究中です。アプリマーケティング研究所というアプリのマーケティングブログも運営中。

「マーケター通信」購読一覧