ニュース
» 2013年2月26日 更新

ソーシャル、時々、キャッチコピー Facebook活用O2O事例 Facebookでつなぐオンラインとオフライン


O2O(オンライン・トゥー・オフライン)という言葉をよく聞くと思います。

最近ソーシャルメディアを活用したO2O施策が増えてきているので、今回はFacebookを活用したO2O施策をいくつかご紹介させていただきます。


■三井アウトレットパーク スマホでチェックインキャンペーン「スピードくじ」でその場でプレゼント!

mitui.jpg

「三井アウトレットパーク幕張」もしくは「三井アウトレットパークマリンピア神戸」のどちらかで
スマホでFacebookチェックインすると、その場でスピードくじができるというキャンペーンです。(※1)

現地でいいね!を押せば参加できたキャンペーンということもあり、キャンペーン期間中に2000以上ものいいね!が増えたという事例です。

Facebookを閲覧しているユーザーを実店舗へ来店させるようなインセンティブを与え、実店舗で買い物中の一般消費者にはFacebookページへ誘致させるという流れを作り、見事にオンラインとオフラインをつなぐことが出来ています。

WEBから実店舗に誘致することのできるこのようなO2O施策はスマホ保有率の増加と相まって今後ますます増えていくでしょう。


■ニューバランス「いいね!カウンター」を活用した新・ブランド交通広告が JR 品川駅に出現

こちらは「レースの主役になろう。」というメッセージのビジュアル展開とともに、目標達成を目指すランナーを応援するアプリ「NB MARATHON STEP UP」の交通広告です。

nyu-barannsu.jpg

JR品川駅に2月21日の木曜日より掲載が開始されたこちらの交通広告には、ニューバランスFacebookページ2周年を記念して「いいね!カウンター」というものが実装されています。

交通広告としては初の試みとなるO2Oプロモーションシステム「いいね!カウンター」は、広告ビジュアルとともに設置された大型モニターにニューバランスFacebookページの「いいね!」数をリアルタイムで表示していく仕組みになっています

大型ビジョンの変動するいいね!数を目にして、気になったユーザーがその場でスマホからニューバランスのFacebookページを検索し、いいね!を押すという行動を喚起させています。


■Ben & Jerry's Japan「なぞなぞコンテンツ」

Ben & Jerry's JapanのFacebookページでは更新されていく投稿内容に特徴があります。(※2)
週に一回「なぞなぞコンテンツ」なるものを投稿し、ファンに回答してもらうという形で多くのコメントを集めています。

Ben & Jerry's Japan.jpg

さらに表参道店でこっそりと店員さんになぞなぞの回答を伝えると、おまけでアイスクリームをくれるというものです。
こちらもFacebookから実店舗への誘致を図るO2O施策と言えます。


次にご紹介するのはFacebookを活用した「地域への誘致」です。
Facebookページで多くのファンを抱えているFacebookページをご紹介。


■北海道Likers
サッポロビールが運営する北海道LikersというFacebookページがあります。
(北海道Likersに関する記事はこちらから

北海道Likersの特徴的な企画は、定期的にヘッダー画像を変えていくという企画です。

hokaido.jpg


北海道在住のFacebookユーザーや北海道出身者、観光客から、北海道ならではのキレイな写真を募り、その中のひとつの画像をヘッダー画像として採用し掲載するという内容です。

日々の様々な投稿コンテンツや定期的に変更されるヘッダー画像の効果によりユーザーに飽きを感じさせず「北海道へ行きたい!」という気持ちを醸成しています。


■沖縄離島ガイド・プロジェクト おくなわ

続いては北海道から一気に南下し、沖縄離島ガイド・プロジェクト おくなわというFacebookページのご紹介します。(※3)

おくなわ.jpg

沖縄のキレイな写真に地元ならではのエピソードを交えて投稿することで、ユーザーの「行ってみたい!」という気持ちを醸成しています。

投稿している写真や地元ならではのエピソードは、別の沖縄のページやユーザーから集めています。
つまり、別ページや沖縄に関するユーザーの投稿をシェアしている点が特徴的です。


Facebookページは各社・各業界活用用途や目的に違いがあり、有効活用している事例としてとりあげられているFacebookページ運営企業は非常に先行優位に立っていると考えられます。
(Facebook活用事例等の記事はいつも参考にさせて頂いております。この場を借りて御礼申しあげます。)

そんな中で、より実践的な活用として今回FacebookO2O施策について取り上げました。
「Facebookを使って売上があがるの?」という疑問については、このような事例が解決の糸口になると思っています

Facebookページでも、季節やイベントによって次々とキャンペーンが開催されます。O2O施策にも注目です。
今後もアンテナを張り、様々なFacebook活用事例を集めていきます。


【参考】
(※1)http://www.advertimes.com/adobata/article/8452/smmlab.aainc.co.jp/?p=9928

(※2)http://bazubu.com/fb-contents-9683.html

(※3)http://japan.internet.com/wmnews/20121015/3.html

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

脇 僚平

脇 僚平

1988年東京都生まれ。株式会社オプト ソーシャルメディア事業本部 セールス担当。

「マーケター通信」購読一覧