ニュース
» 2014年2月15日 更新

ソーシャル、時々、キャッチコピー 海外Vine活用事例~ケンタッキー『骨たべちゃった?!』キャンペーン~

ケンタッキーは今年から「オリジナルチキン」の骨なしタイプ「骨なしケンタッキー」の発売をスタートしましたが、商品の発売に合わせてお笑い芸人のハライチさんを起用したテレビCM『骨たべちゃった?!』を全国で放映しました。

このテレビCMを観たことある人も多いのではないかと思います。

■『骨食べちゃった?!』篇

WEB限定で、CMのロングバージョンや漫才形式に『骨たべちゃった?!』シリーズを展開しています。

ケンタッキーフライドチキン 公式YouTubeチャンネル)

愉快な掛け合いが面白いテレビCMですが、実はアメリカのテレビCMが起源になっているようです。

■Ate the Bones - KFC

アメリカで放映したこの『Ate the Bones』というテレビCMですが、このテレビCMを観た一般ユーザーがVineを使って、『Ate the Bones!』という6秒の動画を撮影しソーシャルメディア上で発信したことで大きなバズを生んだとのことです。

その一般ユーザーのVineがきっかけに、アメリカ人の中で話題になり、様々な『Ate the Bones!』というVine動画がソーシャルメディアで発信されていったようです。

このように、一般ユーザーが面白がって自分なりの『Ate the Bones』という動画を撮影し、ソーシャルメディア上で発信していったことで、

ケンタッキー自体がプロモーションの一環として"I Ate the Bones"というキャンペーンを展開してしまいました。

一般ユーザーの話題をキャンペーン化していった面白い事例です。

kfc-1.jpg

Instagramで面白い表情をしたり、動画を撮影したり、Vineで撮影した動画をソーシャルメディア上で発信するだけで応募できるコンテスト形式のキャンペーン。これによる骨なしチキンの宣伝効果は大きく、キャンペーン期間中は、ハッシュタグ「#iatethebones」というツイートで溢れかえったようです。

プロモーションとしてクチコミ波及に期待するという観点は、まだまだ需要があるようですね。

ユーザー参加型キャンペーンは国内でも多く展開されていますが、Vineを使った国内事例はまだまだ発展途上かと思います。Vineユーザー数の成長率を予測していくととも、TwitterやFacebookのように一般化した時に時代遅れにならないよう、企業も先んじてVine活用を視野に入れておくと良いかもしれません。

参考記事:http://www.mediapoondi.com/2013/05/27/kfc-launches-i-ate-the-bones-campaign-on-social/

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

脇 僚平

脇 僚平

1988年東京都生まれ。株式会社オプト ソーシャルメディア事業本部 セールス担当。

「マーケター通信」購読一覧