ニュース
» 2012年10月10日 更新

 こんにちは、女子会プロデューサーの木原悠紀子です。

 「女子会プロデューサー」。

 ん? なにそれ。どういうことをしているの? と疑問に思った人も多いのではないでしょうか。

 カンタンにご説明しますと......。すっかり女子のあいだで、日常生活の一部となった「女子会」をグレードアップさせ、 「女子であることの楽しさ」をめいっぱい実感できるように企画&演出をするのが主な活動。

 どうすれば参加する女子たちが楽しめるか、また来たくなるのか。

 ココロの琴線に引っかかるのかを考えて企画・コンテンツ・空間を総合的に"プロデュース"しています。

 その活動を繰り返しているうちにできたのが、女子会コミュニティ「GIRLS PARTY」。

 よく女子会に来てくれる、"横のつながりが強い"アクティブメンバーを中心に集まっている、働くF1女性300人が参加するコミュニティ・団体なのです。

そんな活動をしているからなのか、わたしのもとにはよくこんな相談が来ます。
  • 「20代~30代の女性が何に興味があるのかわからない」
  • 「どういう商品&サービスだと買うのかがわからない」
  • 「どういう基準でモノをみてるのかがわからない」
 そこで、女子会プロデューサー、人肌脱ぐことにいたしました(←

 本ブログでは、働く女子がいったいどんなことを考えているのか? 何に興味があって、関心を示し、どのような目でモノを見て商品を購入するのか......。

 いわゆる"アタマの中"を徹底解剖! 女子会で得たトレンドを発信しちゃいたいと思います!

 働く女子のリアルがわかるブログとして、お付き合いいただければ幸いです♪

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

女子会プロデューサー 木原悠紀子

女子会プロデューサー 木原悠紀子

2011年11月に、リアルでつながる完全紹介制女子会コミュニティ「GIRLS PARTY」を立ち上げ、活動をスタート。同時に「女子会プロデューサー」と自らを名乗り、セルフブランディングをはじめる。当初は80人程度だった会員数をたった半年間で3倍以上の280人に伸ばした。培った女子ネットワークを活かして、ユニークなプロジェクトを次々と企画。F1層女性の共感を呼ぶコンテンツづくりと、同世代でもあるF1層を巻き込み集めることが得意。

働く女子のアタマの中。―消費、トレンド、気になるもの―のバックナンバー

「マーケター通信」購読一覧