松田雄馬

事業と研究との深イイ関係

研究活動を専門に行い、学会での講演や論文の執筆などを「事業」として行う研究者集団の組織である「中央研究所」が、 多くの営利企業において存在しているということは、意外に知られていない。 本コラムでは、企業での研究活動が、いかにして事業と結びついているのか、 さらには「マーケティング」という分野においていかなる役割を担っているのかについて紹介していく。※本コラムで解説する内容はあくまで個人的見解であり、所属する組織とは何の関わりもございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着エントリー

 技術系の多くの企業には「中央研究所」という組織がある。先端技術の研究を行い、その成果を社外に論文や講演といった形でPRする専門組織である。  企業の競争力の源泉とも言える研究成果を 社外に... (2012年10月10日)

Loading

「マーケター通信」購読一覧