ニュース
» 2012年11月 7日 更新

ユーザーエクスペリエンス(UX)時代 ~UIデザインのすべてを語る~ 【イベントレポート】UI/UXの衝撃(第4回)テックヒルズ

本日は番外編です。
第4回テックヒルズ -UI/UXの衝撃- に参加してきました。
このイベントでの学びを少し記載したいと思います。
ダウンロード.jpeg

まず所感ですが、参加者が300名ということに驚きました。
平日のこの時間にこれだけの人数が集まりUI/UXというテーマに
関心を寄せていることに驚きました。
UX/UIというテーマはそれだけ注目度が高いということなのでしょうか?


今回のプレゼンターは以下の3名でした。

・株式会社ミクシィ UIデザイナー 酒井洋平さん
 (今回はUX Tokyoとしてご参加)  
・NHN Japan株式会社 UIデザインチームマネージャ 橋本健吾さん
・株式会社ディー・エヌ・エー UXデザイン部長 坪田朋さん


まず、UX TOKYO 酒井洋平さんのプレゼンテーションです。

 UXとUIの定義の違いについて。UXについての体験学習ということで 地下鉄の定期を買う映像を流し、UXとは体験であることを話されていました。UXとは、「ユーザーの主観的な経験」であるとこと。一方、UIはユーザーの主観的な観点を支える「接点」であると定義されていました。 UXデザイナーは、「ユーザーにある主観的経験が想起されるように"企図して"設計」する。ことが大切とのことです。要するにユーザーを理解・観察し、「事前に設計する」ことですね。

 特に興味深かったのは「価値発見プロセス」です。これはイノベーションプロセスと同義だと私は思います。酒井さんは、

   「計測」
   「気づき」
   「ベンチマーキングと観察」
   「プロトタイピング」
   「ストリーテリング」
 
というプロセスで話されていました。これらはスタンフォード大学のデザイン思考と根底は同じだと思いました。根底にあるのは、「人間は経験からしか学べない。」ということ。
 また、同感だと思ったのは、「UXは全社横断的にデザインしていく必要がある」ということです。

   ・マーケティング
   ・開発
   ・カスタマーサポート
   ・営業
 
全ての部門でユーザ(顧客)の体験を最高にするために"些細な事にも"気をきかせる。
これは企業にとってとても大切な事ですね。


 2人目は、NHN Japan株式会社 橋本健吾さん です。LINEやNAVERまとめのUIデザイナーをされている方です。橋本さんのパートで興味深かったのは、NHN JapanのUIデザインプロセスです。
  
   1.Simple
  ・入社して上司から初めに言われた言葉は「Simple」に。
    ->なぜUIにシンプルさが必要なのか?
    ->インターネットは歴史的に非エンジニアでも使う時代が来たから。
  ・Simple for Design
    ->Simpleは「印象が強い」「伝えていことが瞬時に伝わる」

 2.QUICK & FARST
       ・UXデザイン->UIデザイン->開発(Dev)->UXデザインのサイクルを1日単位で実施
   
 3.意匠を高める
  ・ビジュアルデザインを突き詰めて行く。
  ・そのためにはプロトタイプデザインを重ねていくしかない。
  ・些細な「違和感に気づき」拘って修正することがUIデザイナーにとって大切
  ・見た目や使い勝手に「磨きをかける」(「鉋をかける」という表現をされていました)
 
3人目は、株式会社ディー・エヌ・エー 坪田朋さん  です。
アジャイル開発におけるUXや、Scrumの開発とUX Design についてお話をされていたのですが、
ここで私は別の予定があったため残念ながら退出しなければならなかっため聞けませんでした。
※slideはshareされておりましたので掲載させて頂きます。

まとめ

今回、第4回テックヒルズ に参加してわかったことは、UXという分野は開発者・デザイナ、
多くの人が興味・関心を寄せてるが、まだまだ確立した方法論があるわけでなく、最近になり
事例等が徐々に共有され始めてきている。ということだということです。(もちろん1部の方は多くのことをご存知だとも思います。)
参加者の多くが「どうしたらユーザによいUIを作れるか?」「どうしたらユーザのUXを高められるか?」を求め、Try&Errorし、模索していることが肌身を持って感じられました。

私もこのコラムを通して少しでも私のTry&Errorをお伝えできればと思います。

大塚雄介

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

大塚雄介

大塚雄介

 早稲田大学大学院 理工学研究科 卒業 理工学修士号 取得。専攻は量子理論物理学。2006年、株式会社ネクスウェイに入社。ネット広告新規営業/新事業創出/マーケティング担当を経て、クラウドサービスNEXLINKの企画・設計の副責任者に就任。専門はIA/UX/UIデザイン。2013年STORYS.JPのCMO(最高マーケティング責任者)就任。個人として、DJとして定期音楽イベント「56'sLounge」を主催。興味を持って頂けましたらFacebookより気軽に メッセージ頂ければと思います。

ユーザーエクスペリエンス(UX)時代 ~UIデザインのすべてを語る~のバックナンバー

カテゴリ

  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定
  • マーケティング戦略

「マーケター通信」購読一覧