ニュース
» 2014年7月 8日 更新

おじいちゃんが頑張るWebマーケティング 複数人で起業してサイト運営をするには

ConsultingServices.jpg

時代の流れは、会社に雇われて安心する時代から雇われないで自分たちの人生を切り開く時代に流れています。

私の世代の方は、今、自分で残りの人生を自分で切り開いて行く折り目にいます。この状態は、そのまま若い世代の人たちにも通じます。

ココナラというワインコイン相談サイトでインターネットのビジネスモデル相談サービスをやっているのですが、若い人たちからの相談が多いです。雇用される側の安心が侵されてきているために自分たちで安心を作ろうとしています。

私は今若い人たちだけでなくアクティブなシニアに対して働く「場」と「生き甲斐」を提供するポータルサイトビジネスを企画提案しています。

既にこのプロジェクトは走り始めこれからJoomla CMSを使ってビジネスポータルサイトを構築する矢先です。

Joomla CMSを使いますと複数人で起業しサイト運営が簡単に出来るようになります。ウエブの専門知識もいりません。必要なのは、コンテンツを書けることだけです。

最近、海外向けポータルサイトを考えている若者たちが増えてきています。Joomlaは標準で多言語対応になっていますので海外向けビジネスサイト構築には最適です。

一人でインターネットビジネスを始めるのは、それなりのエンジニアリング技術とビジネス経験が必要です。複数人で行う場合は、3人よれば文殊の知恵でビジネス展開が可能になります。

そんな時に複数人で簡単にウエブで情報発信が出来るツールは便利です。

Joomlaを使ってサイトビジネスをされている方は、サイトのページを見ながら記事編集が出来る点が気に入っているようです。海外向けサイトを運営している方は、お問い合わせフォームが自動的に多言語に対応しているという点が気に入っています。

JoomlaはブログシステムのWord Pressと違ってシステムをインストールした時点でサイト運営で必要な機能が全て提供されています。プラグインなどを沢山インストールしないとビジネスサイトが作れないWord Pressとの違いがここにあります。

情報発信サイトは、良質のコンテンツをどれだけ書けるかです。一人で書くのは大変ですし時間もかかります。複数人で行えば、味が違うコンテンツでターゲット客層をサイトに呼び寄せることが出来ます。

■ウエブマーケティングの基本

インターネットでは、誰もが情報を求めて検索します。情報が宝物であり、お客を呼び寄せる「えさ」でもあるのです。

情報という宝物は、人間が作ります。作る人間が多くいて焦点が絞りこまれていれば、そのような情報を求めるお客を呼び寄せやすくなります。

それを一人でやるよりも複数人で行うほうが作業的にも時間的にもずっと楽です。ポータルサイトの仕組みはそのようなニーズを満たす仕組みになっています。

CMS(コンテンツ管理システム)は、そのようなニーズを満たし、ウエブの素人向けに運営が出来る仕組みを提供します。Joomla CMSはグローバルで使われているCMSでブログシステムのWord Pressとは違ったニーズを満たしています。

インターネットビジネスは、ツールを上手く使うことで要らない出費を削減し、効率の良いサイト運営を可能にします。

もう、サイトを手で作成する時代ではありません。情報という「えさ」でターゲット客層をサイトに呼び寄せるには、CMSのようなホームページシステムが必要です。

これから雇われない人生に挑戦するシニアや若者は、自分にあったツールを探して使いこなすことをお勧めします。

Joomla CMSサイト構築専門
http://www.joomlajp.org/
吉田

タグ

Joomla |

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

吉田憲人

吉田憲人

Sony、Yahoo!JAPANでの会社員生活を終えて51歳でCMSサイト構築サービス会社を起こした。

カテゴリ

  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧