ニュース
» 2014年10月21日 更新

おじいちゃんが頑張るWebマーケティング トップページの記事レイアウトを簡単カスタマイズ!!

CMS(コンテンツマネジメントシステム)を使っているとこんなことが簡単に出来る事に驚く。以下のケースは、Joomla(ジュームラ)CMSの場合である。

Joomlaは、標準でトップページをシステム操作でカスタマイズが出来る。

基本レイアウト

Help30-articles-featured-example.png

バリエーション

Help30-Blog-Layout-across.pngHelp30-Blog-Layout-down.png

ブログ記事の表示設定の種類

Help30-article-order.png

Word Pressを使ったサイトでは、標準トップページレイアウトをシステム操作だけでは自由にカスタマイズが出来ない。Joomlaはポータルサイト用途で開発されているため、多機能である。

記事のコラム数を変更できるので最初に3つの記事を一コラム表示にして残りの6記事を2コラム表示にするというカスタマイズもシステム操作だけで簡単に出来てしまう。

複雑なトップページレイアウトを求めるユーザーならば、ある程度のシステム操作でそれが可能になる。ただ、Joomlaのシステム操作に慣れる必要があるが。

私のサイトのトップページレイアウトは、4つの記事で成り立っている。このレイアウトのカスタム変更はシステム操作で瞬時に出来る。参考まで。

http://www.joomlajp.org/

コンテンツマーケティングのツールとしてJoomlaは一般ユーザー向き

トップページの見せ方を自分好みにしたい方は、一度、Joomlaを使ったサイトで情報発信をしてみてはと思う。こんなに簡単にトップページレイアウトの変更ができるなんて!それも、HTMLやCSSなどの専門知識無しで。ファイルのソースコードも一切触る必要もなく。

情報の出し方で何を訪問者に伝えたいのかをコントロールできる。

コンテンツマーケティングを目指すユーザーは、HTMLやCSS、JavascriptやJqueryなどを使ってページレイアウト修正などを行う時間をコンテンツの質や量に投資すべきだろう。そのためには、自分にあったCMSを使ったサイト作りがオススメである。

Joomlaは、標準でスマートフォーン、タブレット、PCに最適な画面表示をしてくれる。スマートフォーン専用のサイトを作る必要がない。特別なスクリプトをページに入れ込んでスマートフォーン化する必要もない。ページ作成をすれば直ぐに自動対応する。

コンテンツを読む人は、PCからスマートフォーンやタブレット端末にシフトしていっている。多くの端末で最適な画面表示が出来るウエブツールが必須になる。その意味合いでJoomlaはオススメである。

Joomlaは世界で一番使われているCMSである。ブログではWord Pressが一番使われているが、ポータルサイトのアーキテクチャではないので専門家によるカスタマイズが必須になる。Joomlaはそのような手間暇がない。システム操作さえある程度分かれば、一般ユーザーでもカスタマイズが出来る。トップページレイアウトのカスタマイズなどは典型的な例である。

Joomlaの最新情報は、こちらで閲覧できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

吉田憲人

吉田憲人

Sony、Yahoo!JAPANでの会社員生活を終えて51歳でCMSサイト構築サービス会社を起こした。

カテゴリ

  • キャンペーンノウハウ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • データ分析/効果測定

「マーケター通信」購読一覧