ニュース
» 2012年10月15日 更新

ちびクロの細かすぎて伝わらないネットサービスの話 【ECサイト SEO対策】Zappos(ザッポス)SEO研究(2) コンテンツユニーク化について


こんにちは。黒須敏行です。

今回はECサイトにおけるSEOで重要となる2つ目のポイントである、コンテンツのユニーク化についての話です。

まず前提としてECサイトは社が扱っている商材を他社も扱っていることが多いです。楽天、yahoo、amazonなどはもちろん、同じ商品を他のECサイトが販売していることがざらにあります。そのときにネットマーケティング担当者は、サイトのコンテンツ(ここでいうコンテンツとは商品情報)をいかにして他社のサイトとユニークなものにするかという考え方が大変重要になってきます。

一つ例を紹介します。下のスライドはルクルーゼの鍋を、amazon、楽天が販売しているというキャプチャです。
コンテンツが被る.jpg
ページにどういった文章が入っているかというのを見ると両方に全く同じ文章が入っていることがわかります。これは商品に記載されているデータをそのまま使っているのが原因です。

テキストが使いまわされている
同じ情報を他のサイトも持っているとなると、この状況はSEO対策を行ううえで、あまり良い状態ではありません。情報量を増やしてコンテンツをユニークにすることが必要になります。ザッポスは約1200のブランドの商品をサイト内で取り扱っていますが、特徴的なのはブランドについての記事をかなりのボリュームで掲載をしています。文字数をカウントするとどれも1000文字以上のボリュームになります。地道な施策ですがかなり効果はあります。

またこちらはザッポスではなく、amazon.co.jpのランキングです。
amazonのランキング.jpg
ご存知の通りamazonは書籍名のSEO対策が非常に強いです。例えば私が最近読んでいる本に『弱くても勝てます』(新潮社)いうものがありますが、本のタイトルの検索結果を見るとamazonが2位に表示されており新潮社のページよりも評価は高くなっています。(2012年10月時点)

他にも様々なワードで大体1位に表示されますが、要因はユニークコンテンツボリュームです。他社の書籍サイトと比較調査してみるとやはりユニークなテキストが最も多いです。

ユニークテキストが多いamazon.jpg

またECサイトや大規模なポータルサイトが直面する問題に重複ページの発生というものがあります。何かというと様々な条件で情報を生成するものの、同じ情報のページが大量に生成されてしまい、サイト全体のインデックスが妨げられるという問題です。例えば以下のスライドは日本でも5本の指に入るECサイトの事例です。

ありがちな状況.jpg
サイト内で『ナノユニバース』というブランドで検索して表示されるページと、ブランドから探すというリンクを選択し、ナノ・ユニバースを選択して表示される結果を並べています。表示されている情報は全く同じですがURLは別のものになっておりあまり良い状況とはいえません。検索エンジン側からするとどちらのページを正しく評価するかが決まっていないからです。

これはcanonicalというURL正規化のタグを入れることで簡単に解決することができます。どちらのページを評価をしてほしいのかを検索エンジンに命令するもので、ザッポスもcanonicalタグを使って同一コンテンツ別URLページが検索エンジンに評価されないように対策をとっています。実効的であり、即効性のある対策なのでこれを読んでまだ導入していなければすぐにでもやったほうがいいでしょう。

ザッポスの対策.jpg
まとめます。

・ECサイトはコンテンツのユニーク化が重要
・独自テキストを追加する
・URLの正規化を行い同一コンテンツページ生成を防ぐ

こういった地道な努力を行なっていくことでサイト全体の評価を上げていくことが可能です。次回でザッポスのSEO対策の研究は最後です。最終回はザッポスのリンク構造の話をする予定です。

ご意見やコメントなどがあれば気軽にご連絡ください。

それではまたこの場所でお会いしましょう!

またもしよければこちらのページもご覧下さい。
http://zappos.alco.co.jp/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

黒須敏行

黒須敏行

早稲田大学在籍時に株式会社アルコにアルバイトとして参加し入社。現在はコンサルタントとしてベネッセやラクスルなどが運営する大規模サイトを中心にウェブマーケティング改善のプランニング及びコンサルティング活動を行なっている。

ちびクロの細かすぎて伝わらないネットサービスの話のバックナンバー

「マーケター通信」購読一覧