ニュース
» 2013年1月15日 更新

昨日は大雪が吹雪き、今日も積雪が残る東京都内ですが、こんな日は、ちょっと趣味のお酒の話を書いてみます。



実は、明治生まれのお祖母ちゃん子だった自分です。
死んだ祖母の旦那(俺の祖父)と長男(俺の伯父)が、アル中だったので、子供の頃からお祖母ちゃんに言われてたのが、『酒の呑まれる奴は屑だ』と言うことです。幼い頃から刷り込まれていたので、若い頃から酒は舐める程度で済ませてました。また、酔っ払って普段と違う行動する奴は死んだほうが良いとも思ってます(今も思ってますけどね)。

が、付き合う女性などに影響されて、日本酒やシングルモルトを呑むようになりました。

特に、翌日などに悪影響が残らない蒸留酒であるシングルモルトは、家呑みで選択することが多い今日この頃です。


新年にもなったので、何か買おうと新宿まで出かけてみました。
新宿周辺だと、歌舞伎町にある信濃屋さん、もしくは、伊勢丹新宿の地下1階にある洋酒売場が、試飲もできてシングルモルトを買うならオススメですね。


信濃屋 新宿店


伊勢丹 新宿



7ヶ月の息子(赤ちゃん)を連れてたので、地下街で行ける伊勢丹へ。

この店だと、アランが6種類以上は常時置いてあるので楽しいのです♪
自分の趣味だと、ピート臭があまりしない、フルーティなシェリー樽のシングルモルトが好きなので、最近はアランが好みです。普通の居酒屋だと、山崎ですね、白州よりも。


「デビルスパンチボール」と「シェリーカスク」を試飲してみました。
試飲は、店内にあるカウンターで、1杯300円前後で可能ですし、きちんと、チェイサーの水も出てきます。量としては、二口ぐらいの量ですが、味見としては十分。

「デビルスパンチボール」のほうが複雑で面白いので購入(1万円切るぐらい)。
あと、14年物の安いアラン(5千円ぐらい)も一緒に購入してみました。 写真の飲みかけのは、昨年から呑んでるアランです。

06_01.jpg


箱も凝ってますね、開けると、悪魔さんがドーンと。


06_02.jpg


06_03.jpg




で、さらに開けると、歴代のアラン蒸溜所で作られたモルトのどれをこれに配合しているかの一覧が出てきます。
歴代のアランのモルトをブレンドしているので、複雑な味わいなんですね♪

06_04.jpg


ワインに比較すると高い値段ですが、実際には、チビチビと呑めるので、ワインよりも気長に消費できるのが、シングルモルトの利点ですね。ワインだと、ボトルを開けたら飲み切らないとって気分になりがちですから、大人数で呑みたいですね、ワイン。
一人か、ツレと夫婦で家呑みだと、モルトってお勧めですよ♪


自分の体質だと、醸造酒のワインや日本酒だと、次の日に二日酔いが起きやすいのですが、蒸留酒のシングルモルトや焼酎のほうが残らない傾向にありますね。


冬の夜長に、もしも良かったら、シングルモルトも呑んでみて下さい。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

池田秀一:Hidekazu Ikeda

池田秀一:Hidekazu Ikeda

ミドルソフトウェアや OSS についてのBtoBマーケティングにおいて外資企業、国産大手企業、ベンチャー企業と様々な環境での経験が豊富な『闘うマーケッター』。

「マーケター通信」購読一覧