ニュース
» 2012年10月10日 更新

アカデミックが見た社会 はじめまして。河野義広と申します。

 皆様、はじめまして。

 東京情報大学情報システム学科で教員をしております河野義広と申します。

 現在、「ソーシャルメディアの社会的影響」をテーマに研究しています。どうぞよろしくお願いいたします。

 この度、ITmedia様とご縁があって、こちらでブログを書かせていただくことになりました。タイトルは『アカデミックが見た社会』です。初回ですので、このブログへの想いや私自身の現在の活動についてお話ししたいと思います。

このブログへの想い

 私自身、現在は大学というアカデミックな場所に身を置いていますが、大学院博士課程在学中は民間企業にも所属し、研究と業務の二足のわらじを履いていました。そういったこともあり、大学と社会とのつながりには非常に関心があります。

 研究者の中にはずっと大学の中で過ごされてきた方も多く、一般の方から見ると大学と社会との間に隔たりを感じることがあるかも知れません。私も両者を実際に経験し、考え方や価値観の違いを感じたことがあります。

 そこで本ブログでは、大学教員というアカデミックな立場から見た社会の流れ、出来事などについて私自身の意見を述べさせて頂ければと思います。ソーシャルメディア活用とパーソナルブランディングをメインテーマとして、大学組織のソーシャル化、学生のキャリア意識の醸成、大学と社会の関わりなどを取り上げる予定です。

 このような想いを込め、『アカデミックが見た社会』と題し、『学生』『大学』『社会』の現状や活動の成果などを発信していくことで、相互の理解向上につながれば幸いです。

現在の活動

 それでは、現在の活動についてお話しいたします。私は、2011年4月に現在所属する東京情報大学の新任教員として赴任しました。その前は茨城大学で研究員をしており、Webベースのeラーニングサービス、Twitter上のアテンション(人の興味・関心)の流れに関する研究をしていました。加えて、ソーシャルメディア上では、特にパーソナルブランディングを意識した活動を行ってきました。

 着任後は、東京に出やすくなったこともあり(大学前から高速バスで約1時間)、積極的に勉強会やセミナーに参加し、多くの素敵な方々にお会いすることができました。そういった活動の中で得られた経験、知見などはできるだけ学生に伝え、彼らの人脈作りやパーソナルブランディングに役立てればと思っています。常に試行錯誤ではありますが。。。
まさに自分自身が実験台というか、そうやって得られた人脈、経験はとても貴重な財産です。

 そして、現在は主に以下の3つの活動に取り組んでいます。
  1. 学生のパーソナルブランディングによるキャリアデザイン支援
  2. 高校生、学校教師に対する情報教育について
  3. 一般の方対象のFacebook活用講座
 (1)は、研究の一番の核となるもので、今の場所で果たすべき使命と感じています。詳細は、追々このブログで書いていきます。(2)も同様で、中学校や高校での現在の情報教育に課題を感じており、その一助になればと思い活動しております。(3)について、私が本当にソーシャルメディアを使って欲しいと願う人々(離れて暮らす家族や地元の友人など)にはまだあまり浸透していない現状があり、そういった方々に少しでもお役に立てればと思い活動しております。この講座では、東京情報大学のサテライトキャンパスである「千葉ステーションキャンパス」を活用しています。この活動が大学のブランディングにもつながればと思っています。

 ご参考までに、私の個人ブログ、SlideShareの講演資料、千葉ステーションキャンパスについて紹介させていただきます。ご意見、ご感想などお待ちしております。それでは、今後ともよろしくお願いいたします。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

プロフィール

河野義広

河野義広

東京情報大学教員。ソーシャルメディアの社会的影響をテーマに「学生のパーソナルブランディングによるキャリアデザイン」、「教育現場でのソーシャルメディアの認知・指導方法」などを研究中。実生活すべてが研究対象。

カテゴリ

  • Webサイト構築
  • キャンペーンノウハウ
  • データ分析/効果測定
  • マーケティング戦略

「マーケター通信」購読一覧